2012年07月17日

7月17日 事務処理 大津市いじめ事件 加害者側対応について

こんにちは労務管理の町医者・社会保険労務士の吉野正人です。

今日は暑い中冷房をつけず扇風機で事務処理でした。就業規則訂正・電話で打合せ・事務所便り発送作業などなどでした。

昨日までの大雨とはうってかわって、真夏のような青空と暑さ。まさに夏ですね・・・。なお、7月~8月は船旅などの旅行の予定は無く、算定残件と調査準備、研修、セミナー準備、打ち合わせなどで終わる予定です。日帰りで離島へ船に乗りに行こうかと企んでいますが。。。



今日は新聞記事で、連日大騒ぎになりつつある大津市中学生いじめの件で気になる記事がありました。

※読売新聞より引用

大津市が和解しても同級生側「主張に変更ない」

 大津市立中学2年の男子生徒がいじめを苦に自殺したとして、両親が市などに損害賠償を求めた訴訟の口頭弁論で、被告である大津市が17日、法廷で和解の意向を表明した。

 加害者とされる同級生側は「いじめではない」と主張が異なっており、今後の行方が注目される。

 訴訟は当面、分離はせずに、原告側と市側との和解に向けた協議と、原告や同級生側の主張についての審理を並行させていく可能性が高い。原告側の弁護士は「市側から具体的な内容が明示されておらず、直ちに和解に応じられない」としており、和解にも相当の時間がかかるとみられる。

 原告と市とが和解に合意し、地裁で正式に成立すると、原告と市との訴訟は終結。一方、同級生側が被告となっている訴訟は残る。同級生側は「市側の姿勢が変わっても、こちらの主張に変更はない」としている。

(2012年7月17日16時55分 読売新聞)

※引用終わり。

加害者親子は、やはり「いじめではない」のスタンスのまま。。。謝罪する気は無いようです。。。

明日、被害者遺族が告訴するようなので、すみやかに書類送検し、早急な少年院送致、児童自立支援施設送致を望みます。



写真は、まず今日の昼食でハンバーグサンドです。そして今日の夕食で、イワシ梅干し煮、ポテサラ、鶏ささみフライです。ハンバーグサンドは、ボリュームがあって美味しかったです(^^)。鶏ささみフライは、真ん中に梅肉が入っていてあっさりして美味しいです(^^)。

以上、労務管理の町医者こと社労士・吉野でした。



Posted by naitya2000 at 23:51│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。