Posted by at

2015年04月30日

4月30日 別室1人勤務に賠償命令の判決より学ぶこと

福岡・久留米のぶっちゃけ社労士(会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと 採用と労務管理の町医者 吉野正人です。

別室1人勤務に賠償命令の判決より学ぶこと

今日は気になる記事がありました。

※読売新聞より引用

「別室1人勤務」に賠償命令…嫌がらせと認める
読売新聞2015年04月25日 07時41分
 一人だけ別室で働かされて不当に退職を強要されたとして、大和証券(東京)から関連会社の日の出証券(大阪市)に出向した男性(42)が、両社に200万円の慰謝料などを求めた訴訟で、大阪地裁は24日、両社に150万円の支払いを命じた。


 中島崇裁判官(三重野真人裁判官代読)は「ほかの社員から長期間隔離し、退職に追い込むための嫌がらせだった」と述べた。

 判決によると、男性は2012年10月、日の出証券に出向し、一人の部屋で顧客開拓を担当した。労働組合を通じて抗議し、約4か月後、同僚らがいる部屋に移った。

 中島裁判官は、出向直後で指導が必要なのに一人だけ別室としたのは極めて不自然だと指摘。会社から与えられたパソコンでは、業務に必要な情報が閲覧できず、会議にも呼ばれなかったことなどを踏まえ、「組織的な嫌がらせで不法行為にあたる」とした。

 大和証券についても、日の出証券から男性の業務に関する報告を受けていたとし、賠償責任を認めた。

 両社は控訴するか検討するとしている。

※引用終わり。

いわゆる会社にとっての問題社員はいらっしゃると思います。しかし、問題社員を雇ったのも会社であり、会社として責任があるのも事実です。なお私自身、会社側の立場なので「すぐ辞めさせたい」と言う本音は、よくわかります。。。

問題社員であっても、直ぐ辞めさせることが出来ず、改善すべく教育せざるを得ないのが日本の労働諸法令・最近の判例により明らかになっています。今回の記事のように、表面上は「教育」を名目とした処遇としても、「嫌がらせ」と第三者に認識されるような教育では意味がありません。

今回は懲戒処分がらみではありませんが、労働契約法第15条に「使用者が労働者を懲戒することができる場合において、当該懲戒が、当該懲戒に係る労働者の行為の性質及び態様その他の事情に照らして、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、当該懲戒は、無効とする。」と言うのがあります。

また出向・配置転換に関する過去の判例より、出向が①業務上の必要性がない場合、②不当な動機・目的をもってなされた場合、③労働者が通常甘受すべき程度を著しく超える不利益を負わせるものである場合、その出向・配置転換は権利濫用で無効になる可能性があります。

記事のような「別室1人勤務」のような出向・配置転換においても、今後裁判所で今回の判決のような判断がされる可能性があると個人的には思います。

したがって、たとえ問題社員であっても、改善すべく教育計画を作り、実際に教育を行い、改善されない場合は書面にて記録した上で、指導の繰り返しが必要だと思います。それでも改善されない場合は、私を含む社労士に退職勧奨・解雇すべきか否か相談していただければ幸いです。



写真は今日の昼食で、自宅でワンプレートランチ(肉じゃが・玉子焼き・切り干し大根)でした。

以上、福岡・久留米のぶっちゃけ社労士(会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと採用・労務管理・労働トラブル対応の町医者 吉野でした。


※お問い合わせや相談したい時は、いつでも下記へ連絡願います。
福岡 久留米
採用と労務管理、労働トラブル対応の町医者 社会保険労務士 吉野正人
移動オフィス 090-2852-9529 (すぐつながります。)
メールアドレス naitya2000@gmail.com


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村


人事・労務 ブログランキングへ


社会保険労務士 ブログランキングへ


福岡県久留米市 ブログランキングへ  

Posted by naitya2000 at 22:26Comments(0)

2015年04月29日

4月29日 うつ病、働き盛り世代で増加傾向を考える

福岡・久留米のぶっちゃけ社労士(会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと 採用と労務管理の町医者 吉野正人です。

うつ病、働き盛り世代で増加傾向を考える

今日は、うつ病に関する気になる記事がありました。

※読売新聞より引用
うつ病、働き盛り世代で増加傾向…兆候を指摘
読売新聞2015年04月28日 23時08分
特集 深層NEWS

 精神科医で横浜相原病院長の吉田勝明さんが28日、BS日テレの深層NEWSに出演し、うつ病が働き盛りの世代で増加傾向にあるとしたうえで、「睡眠障害や食欲不振、味覚異常がうつの兆候」と指摘した。

 ともに出演したエッセイストの斎藤由香さんは、そううつ病を患った作家の父、北杜夫さんとの暮らしを振り返った。北さんは夏と冬でそう状態とうつ状態を繰り返したが、家族は振り回されず、「丸ごと受け止めた」と話した。

※引用終わり。

労働相談の現場でも、精神疾患・うつ病等を患っている方による労働相談が増えています。また、経営者の方でも精神疾患・うつ病等を患ってる方も過去いらっしゃいました。

今後、企業における人間関係・仕事の考え方等私を含めて考えたほうがいいように思います。具体的には、「精神面・身体面で健康的に仕事をするには、今後どうしたらいいのか?」と考え、社内で1つずつ見直した方がいいと思われます。

なお、会社ごとに人間関係など問題点は異なるので、会社ごとに問題点から改善策を打ち出し、1つずつ行動していくのが良いと思います。



写真は今日の夕食で、炒飯・にんにくの茎炒め・じゃがいもとソーセージのにんにく炒め・人参サラダです。最近、人参サラダを食べるのが日課になりつつあります。

以上、福岡・久留米のぶっちゃけ社労士(会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと採用・労務管理・労働トラブル対応の町医者 吉野でした。


※お問い合わせや相談したい時は、いつでも下記へ連絡願います。
福岡 久留米
採用と労務管理、労働トラブル対応の町医者 社会保険労務士 吉野正人
移動オフィス 090-2852-9529 (すぐつながります。)
メールアドレス naitya2000@gmail.com


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村


人事・労務 ブログランキングへ


社会保険労務士 ブログランキングへ


福岡県久留米市 ブログランキングへ  

Posted by naitya2000 at 22:12Comments(0)

2015年04月28日

4月28日 学生アルバイトへの雇用にも注意を

福岡・久留米のぶっちゃけ社労士(会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと 採用と労務管理の町医者 吉野正人です。

学生アルバイトへの雇用にも注意を

4月28日火曜日。今日は、厚生労働省ホームページで気になるプレスリリース(報道発表)がありました。

※厚生労働省ホームページ2015年3月30日より引用

報道関係者各位

「アルバイトの労働条件を確かめよう!」キャンペーンを実施します
~アルバイトを始める学生が多い4月から7月まで~

厚生労働省では、大学生や専門学校生などの学生を対象に、アルバイトを始める前に労働条件の確認を促すことを目的とした「アルバイトの労働条件を確かめよう!」キャンペーンを実施します。

 学生がアルバイトをする際、事業主の労働基準法違反などにより、さまざまなトラブルに巻き込まれることがあります。これらのトラブルの中には、学生側が労働基準法などに関する知識を持っていれば、簡単に避けられるものも少なくありません。

今回のキャンペーンでは、多くの大学生や専門学校生などがアルバイトを始める4月から夏休み前までを実施期間として、キャラクターを活用した広報活動や、大学生座談会の開催、リーフレットの配布などを行っていきます。

【キャンペーン概要】
(1) 実施期間
    平成27年4月1日から7月31日
(2) 取組内容
ア「アルバイトの労働条件を確かめよう!」キャラクターを活用した広報活動の実施
イ 大学生座談会の開催
ウ 大学などへの「アルバイトをする前に知っておきたい7つのポイント」リーフレットの配布。
エ 労働条件に関する総合情報サイト「確かめよう 労働条件」※や厚生労働省Twitterなどを利用した大学生などの学生向けの情報提供

※引用終わり。

記事によると、厚生労働省による学生アルバイトへの啓蒙活動のようです。実際、学生アルバイトにおいても、「ブラックバイト」と呼ばれている仕事もあるようです。学生にとっても、「安くてキツイ」仕事は選びたくないという心理は当然あります。

経営者や管理職として勘違いしていけないのは、「学生アルバイトは正社員と同じ労働基準法は適用されない。」と勘違いしている方が未だにいらっしゃいます。。。学生アルバイトも正社員も、同じ労働基準法が適用されます。

学生アルバイトにおいても、「労働者は財産である」と言う考えで採用し、労務管理する必要があります。なお、学生アルバイトにも「問題労働者」「ブラック労働者」はいらっしゃいます。したがって、学生アルバイトの採用の仕方も、正社員と同じように労働条件が合うか否かだけでなく「中身」もしっかり面接・実技試験等で判断して雇う必要があります。



写真は今日の夕食で、ブリの照焼き・鶏バター醤油炒め・マカロニサラダでした。ブリの照焼きが、おいしかったです(^^)。

以上、福岡・久留米のぶっちゃけ社労士(会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと採用・労務管理・労働トラブル対応の町医者 吉野でした。


※お問い合わせや相談したい時は、いつでも下記へ連絡願います。
福岡 久留米
採用と労務管理、労働トラブル対応の町医者 社会保険労務士 吉野正人
移動オフィス 090-2852-9529 (すぐつながります。)
メールアドレス naitya2000@gmail.com


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村


人事・労務 ブログランキングへ


社会保険労務士 ブログランキングへ


福岡県久留米市 ブログランキングへ  

Posted by naitya2000 at 21:06Comments(0)

2015年04月27日

4月27日 労務管理セミナーを続けること 5月22日開催労務管理セミナー残席状況

福岡・久留米のぶっちゃけ社労士(会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと 採用と労務管理の町医者 吉野正人です。

自主開催労務管理セミナーを続けること

4月27日月曜日。今日は午前中、今年2月に行った自主開催セミナー「第16回 人材不足でも、生き残るための採用見直し・問題社員対策セミナー」に参加された会社の方から相談の話があり、対応いたしました。

当事務所は、相談は顧問先以外は、原則有料(1回3,000円)ですが、セミナー参加の方は1回無料で対応しています。今回は就業規則など幅広い相談でした。企業にとって、今後の改善につながれば幸いです。

現在、開業以来1年に3回ペースで自主開催労務管理セミナーを続けています。開業当初は、2ヶ月に1回行うなど鼻息荒いことを考えましたが、現在1年に3回行うことで定着しました。正直、セミナーの集客は毎回苦労しています(^_^;)。FAXDMや郵便によるDM、ホームページやfacebookの告知等アナログとネットを組み合わせて行っています。

私自身、自主労務管理セミナーを続けるのには理由があります。

1つは顧問先や繰り返し参加して頂いている会社への体系的な教育、もう1つは、セミナーによる採用と労務管理等に興味や悩みを持った中小企業経営者への集客です。おかげさまで開業以来16回のセミナーを継続して行うことが出来ました。

今後も、「継続は力なり」でコツコツ自主開催で労務管理セミナーを続けたいと思います。


5月22日労務管理セミナー残席状況

現在、5月22日金曜日13時30分から久留米リサーチパーク第2会議室で行う自主開催労務管理セミナーである「第17回 社労士が考える社会保険料節税的見直し及び労働法改正実務対応セミナー」の準備中です。現在、レジュメの作成・改訂などコツコツ行っている状況です。

今回は7月10日提出期限の健康保険料・厚生年金保険算定基礎届手続前に、年金事務所の調査対応を含めた内容で行う予定です。

おかげさまで自主開催セミナーも17回目ですが、残席10名となっています。ご興味のある方は、お早めに、下記リンクからお申し込みをお願い致します。

※第17回 社労士が考える社会保険料節税的見直し及び労働法改正実務対応セミナーのリンク



写真は今日の昼食で、自宅にて豆腐のそぼろ丼・野菜サラダでした。健康診断でメタボ判定だったので、健康的なメニューでした(^_^;)。

以上、福岡・久留米のぶっちゃけ社労士(会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと採用・労務管理・労働トラブル対応の町医者 吉野でした。


※お問い合わせや相談したい時は、いつでも下記へ連絡願います。
福岡 久留米
採用と労務管理、労働トラブル対応の町医者 社会保険労務士 吉野正人
移動オフィス 090-2852-9529 (すぐつながります。)
メールアドレス naitya2000@gmail.com


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村


人事・労務 ブログランキングへ


社会保険労務士 ブログランキングへ


福岡県久留米市 ブログランキングへ  

Posted by naitya2000 at 21:52Comments(0)

2015年04月26日

4月26日 福岡県社会保険労務士会・司法研修部会講師を振り返って

福岡・久留米のぶっちゃけ社労士(会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと 採用と労務管理の町医者 吉野正人です。


福岡県社会保険労務士会・司法研修部会講師を振り返って

4月26日日曜日。昨日は福岡県社会保険労務士会自主勉強である司法研修部会で講師をさせていただきました。約10名ほどの少数精鋭な参加者の中で、約2時間ほどガチンコな講義をしました。

題目は、「社労士がすべき労働トラブル初期対応」でした。


今回、講義で言いたかったのは、「判例や通達など難しい労働法をこねくり回すのではなく、社労士本来の中小企業経営者を助けるための、採用と労務管理、労働法実務の基本に戻りましょう。」でした。同業の皆様の何らかのプラスになれば幸いですm(__)m。

私自身、吉野労務管理事務所の仕事の仕方について、「棚卸し」的な内容となり、私自身教えることによって勉強となりました。今回講義して、今後私自身の下記の強みをさらに活かして頑張りたいと思います。

・中小企業の事業継続と発展の為に、「人材」の面から採用と労務管理、労働トラブル対応を専門とする。

・労働トラブルは、会社内で円満に解決するようトラブル初期の段階からお手伝いする。

・「従業員は財産である」と言う考えのもとに、財産となる労働者を採用する為のお手伝いをする。問題社員は雇わない。

・会社を守り、従業員が長く安心して働くことが出来る労務管理のお手伝いをする。

以上の点を重点に社労士として中小企業のお手伝いを頑張りたいと思います。



写真は今日の夕食で、ハッシュドビーフ・おから・人参サラダでした。ハッシュドビーフがおいしかったですです(^^)。

以上、福岡・久留米のぶっちゃけ社労士(会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと採用・労務管理・労働トラブル対応の町医者 吉野でした。


※お問い合わせや相談したい時は、いつでも下記へ連絡願います。
福岡 久留米
採用と労務管理、労働トラブル対応の町医者 社会保険労務士 吉野正人
移動オフィス 090-2852-9529 (すぐつながります。)
メールアドレス naitya2000@gmail.com


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村


人事・労務 ブログランキングへ


社会保険労務士 ブログランキングへ


福岡県久留米市 ブログランキングへ  

Posted by naitya2000 at 21:40Comments(0)

2015年04月24日

4月24日 顧問先訪問 経営者の思いに対応したい

福岡・久留米のぶっちゃけ社労士(会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと 採用と労務管理の町医者 吉野正人です。


顧問先訪問 経営者の思いに対応したい

4月24日金曜日。今日は1日中外回りでした。午前中は新規顧問先の相談対応、午後は就業規則見直しの打ち合わせで一日が終わりました。

顧問先訪問をすると、各会社の個性が見えてきます。中小企業の経営者も千差万別であり、個性があります。几帳面な社長さんもいらっしゃれば、「だいたい」という考えの社長さんもいらっしゃいます。

会社側の立場として日頃の仕事をしてる社労士としては、「経営者が何を考えているのか?」は重要です。今後も、経営者との会話を大切にしながら、それぞれの会社に合った労務管理・採用のアドバイスをコツコツしていきたいと思います。

なお、経営者の考えが多種多様であっても、「労働者は財産である」「従業員は財産である」と言う考えに共感できない経営者は対応できませんので、ご了承願いますm(__)m。



写真は今日の夕食で、麸チャンプル・砂ずりとにんにくの茎炒め・おから・ひじき・人参ともやしの胡麻和えです。麸チャンプルがおいしかったです(^^)。

以上、福岡・久留米のぶっちゃけ社労士(会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと採用・労務管理・労働トラブル対応の町医者 吉野でした。


※お問い合わせや相談したい時は、いつでも下記へ連絡願います。
福岡 久留米
採用と労務管理、労働トラブル対応の町医者 社会保険労務士 吉野正人
移動オフィス 090-2852-9529 (すぐつながります。)
メールアドレス naitya2000@gmail.com


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村


人事・労務 ブログランキングへ


社会保険労務士 ブログランキングへ


福岡県久留米市 ブログランキングへ
  

Posted by naitya2000 at 20:55Comments(0)

2015年04月23日

4月23日 助成金手続きで思ったこと

福岡・久留米のぶっちゃけ社労士(会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと 採用と労務管理の町医者 吉野正人です。

助成金手続きで思ったこと

4月23日木曜日。今日は午後から顧問先訪問と助成金センターで助成金の申請手続きでした。助成金センターは、現在毎月手続きで訪問しています。今日は、雇用調整助成金とキャリアアップ助成金の2種類の助成金について、計画申請と支給申請を行いました。

助成金手続きをして思うのは、つくづく助成金に関するリーフレットやホームページに書かれていない規則・ルール・基準が多すぎるということです。私は、これを「トラップ(罠)」と名付けています。

私自身、手続き時に助成金センターの職員とやり合うのが嫌なので、出来る限り電話で事前に気づく度に質問をします。しかし、今日は職員と少し押し問答してしまいました。。。結果的には、申請受理されたので、よかったです。

個人的には、労働局や厚生労働省が作成しているリーフレットのわかりにくさと書いていないルール(基準)の多さは、改善してほしいと思っています。また対応する職員の対応に当たり外れがあるのも事実です。今後も、顧問先の状況に応じて「処方箋」として助成金は活用したいと思います。



写真は今日の昼食で、自家製お弁当(餃子・玉子焼き・ふきの煮物・ひじき)でした。

以上、福岡・久留米のぶっちゃけ社労士(会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと採用・労務管理・労働トラブル対応の町医者 吉野でした。


※お問い合わせや相談したい時は、いつでも下記へ連絡願います。
福岡 久留米
採用と労務管理、労働トラブル対応の町医者 社会保険労務士 吉野正人
移動オフィス 090-2852-9529 (すぐつながります。)
メールアドレス naitya2000@gmail.com


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村


人事・労務 ブログランキングへ


社会保険労務士 ブログランキングへ


福岡県久留米市 ブログランキングへ  

Posted by naitya2000 at 23:25Comments(0)

2015年04月22日

4月22日 もう運動会系のしごきはパワハラになりかねません

福岡・久留米のぶっちゃけ社労士(会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと 採用と労務管理の町医者 吉野正人です。

もう運動会系のしごきはパワハラになりかねません

4月22日水曜日。今日はパワハラに関する気になる記事がありました。

※毎日新聞より引用

パワハラ処分:部下の嫌いなマヨネーズ山盛り 小山市消防
毎日新聞 2015年04月11日 18時11分(最終更新 04月11日 20時10分)

 栃木県小山市消防本部は10日、部下にパワーハラスメントをしたとして、男性消防司令補(39)を停職3カ月、別の男性消防司令補(47)を停職1カ月の懲戒処分としたと発表した。また、上司の男性係長2人を戒告処分とした。

 同本部によると、39歳の消防司令補は昨年4月から10回にわたり、同じ係の男性消防士(28)が嫌いなマヨネーズを弁当に山盛りにかけて無理やり食べさせたほか、14回にわたって頭や腹部、すねなどを殴ったり蹴ったりしたという。また47歳の消防司令補は、39歳の消防司令補に指導と称して消防士に暴行するよう指示したほか、自らもすねを蹴ったり、消防士の腕時計を壊すなどしたという。昨年12月、消防士から上司に申告があり発覚した。

 同本部は今後、全職員を対象にパワハラに関する研修を行うほか、相談窓口を設置して再発防止に取り組むという。【長田舞子】

※引用おわり。

ある意味、今まで業種によっては運動会系の「しごき」は当たり前だったと思います。ある意味、先輩・上司の「愛情」であり、「俺の背中を見て覚えろ」で通用したと思います。しかし、現在は通用しません。

「うちの業界は特別」「職人の世界ではシゴキは当たり前」と言う考えは、経営者自身も未だ抱いている方がいらっしゃるのも現実です。なお「業界の特別」は、あくまでも狭い世界でしか通用しないことであり、考えを改める必要があります。

今後は注意の仕方・叱り方等を含むパワハラ防止の教育を経営者・管理職含めて行う必要があると思います。また、就業規則の懲戒規程もパワハラに関する内容の充実化を早急に行うことをお勧めします。



写真は今日の夕食のメインは、デミグラスハンバーグでした。おいしかったです(^^)。

以上、福岡・久留米のぶっちゃけ社労士(会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと採用・労務管理・労働トラブル対応の町医者 吉野でした。


※お問い合わせや相談したい時は、いつでも下記へ連絡願います。
福岡 久留米
採用と労務管理、労働トラブル対応の町医者 社会保険労務士 吉野正人
移動オフィス 090-2852-9529 (すぐつながります。)
メールアドレス naitya2000@gmail.com



人事・労務 ブログランキングへ


社会保険労務士 ブログランキングへ


福岡県久留米市 ブログランキングへ

  

Posted by naitya2000 at 21:59Comments(0)

2015年04月21日

4月21日 「中小企業白書」概要より採用について思ったこと

福岡・久留米のぶっちゃけ社労士(会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと 採用と労務管理の町医者 吉野正人です。

「中小企業白書」概要より採用について思ったこと

今日は中小企業白書の気になる記事がありました。

※SankeiBizより引用

質・量両面で人材不足直面 「中小企業白書」概要
SankeiBiz 4月10日(金)8時15分配信

 経済産業省中小企業庁が月内の閣議決定を目指す2015年版「中小企業白書」の概要が9日、分かった。安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」の恩恵が十分に及んでいない中小企業が質・量両面で人材不足に直面している課題を指摘。インターネットを有効活用するなど、「人材確保の方策を多様化していくことが必要」と呼びかけている。

 白書では中小企業の景況感について消費税増税後の悪化から「足元では持ち直しの動きも見られる」と分析した。ただ、円安で原材料の仕入れ単価が上昇して採算が厳しくなっており、「販売価格に転嫁できる対策が重要」と説明する。

 また、大企業の海外進出が加速したことで相互依存関係が希薄化し、中小企業でも自ら需要を開拓する必要性に迫られている。なかでも優秀な人材の確保や技術開発の拡大に成功した企業の収益率は「大企業をしのいでいる」と強調した。

 ただ、アンケートでは、「人材を確保できている」と答えた中小企業は4割強にとどまり、全国的に人手不足が広がっている。「応募はあってもよい人材がいない」という声が多く、質と量両面で人材確保が壁にぶつかっている。

 そうしたなか、採用ではハローワークや知人・友人の紹介など従来の「顔が見える手段」が重視されており、「方法や供給源が極めて限られている」と分析。自社ホームページを活用したりインターンシップを実施したりする企業は少なく、「さまざまな採用手段の底上げ」を要請している。

 一方、小規模企業(製造業なら従業員20人以下)の白書を今回初めて策定した。事業所数がピーク時から小売業で50%減、製造業で46%減とほぼ半減していることなど、日頃焦点が当たることが少ない小規模企業の実態把握に努めている。

※引用終わり。

中小企業白書においても、中小企業における採用の重要性が書かれています。中小企業が事業継続し発展していく為には、良い人材の確保は重要です。

中小企業が人材を求める場合、記事の通りハローワークや知人・友人の紹介が多いと思います。しかし、ネット社会で少子高齢化の現在は不十分だと思います。今後は、求人における自社のホームページの活用は重要です。自社のホームページ活用にあたって、下記のような点を注意すべきです。

・企業として「経営者のキャラクター」と「企業理念」をウリにする。
・誰にも負けない会社の「オンリーワン(独自性)」をアピールする。
・応募者に自社の情報を出来る限り多く提供する。→会社が与えた情報で応募者は会社を選ぶ。
・求人情報はデータではなく、人間味があり・人間くさい情報を提供する。

なお、求人誌やハローワークの求人票には、必ず「自社のホームページを参照の上、面接に参加願います。」と記載することをおすすめします。



写真は今日の夕食で、たけのこご飯・ひじき・おから・たけのこの煮付けです。もう、たけのこも終わりの季節ですが、美味しかったです(^^)。

以上、福岡・久留米のぶっちゃけ社労士(会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと採用・労務管理・労働トラブル対応の町医者 吉野でした。


※お問い合わせや相談したい時は、いつでも下記へ連絡願います。
福岡 久留米
採用と労務管理、労働トラブル対応の町医者 社会保険労務士 吉野正人
移動オフィス 090-2852-9529 (すぐつながります。)
メールアドレス naitya2000@gmail.com


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村


人事・労務 ブログランキングへ


社会保険労務士 ブログランキングへ


福岡県久留米市 ブログランキングへ  

Posted by naitya2000 at 19:45Comments(0)

2015年04月20日

4月20日 若者の早期離職を防ぐには 社会保険料節税的見直し及び法改正実務対応セミナー残席状況

福岡・久留米のぶっちゃけ社労士(会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと 採用と労務管理の町医者 吉野正人です。

若者の早期離職を防ぐには

今日は若者の早期離職で気になる記事がありました。

若者の早期離職防げ…秋田県、20社公募し長期支援
読売新聞2015年04月09日 09時00分
セミナーで環境作り指南

 県内企業に就職した若者の早期離職を防ぐため、秋田県は5月から、約20社を公募して長期間のセミナーを開き、話しやすい職場環境作りといった課題を解決しつつ、若者の定着を図る。


 2014年度の調査で、経営者と若者のコミュニケーション不足などが離職の背景にあるとわかったためで、若者の離職率が全国平均より高い県内の早期離職防止に1年かけて取り組む。

 秋田労働局によると、11年3月に卒業した県内高校生の42・4%、大学生の36・1%が、それぞれ3年以内に離職。全国平均は高校生39・6%、大学生32・4%で、秋田はいずれも上回っている。この傾向は過去5年間続いているという。

 これを受け、県は昨年8月から9月にかけて、県内の1000社を対象にしたアンケート調査を初めて実施し、535社から回答を得た。また、これらの企業に勤める離職経験のある34歳未満の従業員にも、合わせてアンケートを行った。

 その結果、回答したうちの28・6%に当たる153社で新入社員研修を実施していないことがわかった。また、離職者への対応で苦慮した点として、若者の仕事への意欲不足やコミュニケーション不足を挙げる企業が多かったという。

 県は、解決には、話しやすい職場の雰囲気作りや上司のフォロー体制の充実が必要と分析し、「若者職場定着支援事業」を始める。問題解決に意欲のある企業を公募し、20社程度を対象に、経営者側と若者向けの支援セミナーをそれぞれ開くほか、各企業に専門家を派遣し、相談を受ける。

 県雇用労働政策課は「短期のセミナーはこれまでにもあったが、1年かける事業は初めて。離職率低下を目指すとともに、効果を検証し、来年度以降の事業に生かしたい」としている。

※引用終わり。

 新入社員においても、当然受け入れ教育体制の整備は必要です。「俺の背中を見て覚えろ」は、もう通用しないと思います。その為には、下記のような対処が必要だと思います。

・企業理念や専門技術の教育体制・体系的な教育プログラムの準備。
・受入体制の整備。→入社後の従業員満足度を上げる事を考える。 
・採用後の教育担当者の選任。教育担当は、役割分担で1人でなく複数も可。
・OJT(日常業務を通じた従業員教育)だけでなく、外部研修の活用。→即戦力と言う考えで採用すると失敗しやすい。

以上のような対処が必要だと思います。

教育は投資です。インスタント人材はあり得ません。やはり、自社の財産となる人材にすべくコツコツ育てる必要があると思います。なお、教育担当者等教えた人に教育手当を支払うなど教育した業績・仕事ぶりを評価する仕組みも必要だと思います。


社会保険料節税的見直し及び法改正実務対応セミナー残席状況

現在、5月22日金曜日13時30分から久留米リサーチパーク第2会議室で行う自主開催労務管理セミナーである「第17回 社労士が考える社会保険料節税的見直し及び労働法改正実務対応セミナー」の準備を本業傍ら準備中です。

今回は7月10日提出期限の健康保険料・厚生年金保険算定基礎届手続前に、年金事務所の調査対応を含めた内容で行う予定です。

おかげさまで自主開催セミナーも17回目ですが、残席15名となっています。ご興味のある方は、お早めに、下記リンクからお申し込みをお願い致します。

※第17回 社労士が考える社会保険料節税的見直し及び労働法改正実務対応セミナーのリンク



写真は今日の夕食で、牛丼・にんじんきんぴら・たけのこ煮物・炒り豆腐・いわしの干物です。牛丼がおいしかったです(^^)。

以上、福岡・久留米のぶっちゃけ社労士(会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと採用・労務管理・労働トラブル対応の町医者 吉野でした。


※お問い合わせや相談したい時は、いつでも下記へ連絡願います。
福岡 久留米
採用と労務管理、労働トラブル対応の町医者 社会保険労務士 吉野正人
移動オフィス 090-2852-9529 (すぐつながります。)
メールアドレス naitya2000@gmail.com


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村


人事・労務 ブログランキングへ


社会保険労務士 ブログランキングへ


福岡県久留米市 ブログランキングへ  

Posted by naitya2000 at 21:43Comments(0)

2015年04月17日

4月17日 ANA採用面接は人物重視…就活の記事から思ったこと

福岡・久留米のぶっちゃけ社労士(会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと 採用と労務管理の町医者 吉野正人です。

ANA採用面接は人物重視…就活の記事から思ったこと

今日は、就職活動について気になる記事がありました。

※読売新聞より引用

ANA採用面接は人物重視…就活(上)
読売新聞2015年04月09日 10時00分
 就活でよく言う「優秀な人材」って、そもそもどんな人のこと? 大学生の就職活動が解禁されました。

 10代が近い将来、直面する就活の今と未来を特集した読売中高生新聞4月10日号に合わせ、学生の就職希望先調査で上位に入る航空会社の全日本空輸(ANA)と、旅行会社のJTBの採用担当者に、求める学生像や面接での質問の狙いを聞きました。

深夜発着の航空便…自らアイデアを出し、行動できる人を

「(採用面接では)多様な人材を集めるために、質問を通じてどんな人なのか知りたいと思っています」と語るANAの巽さん

全日本空輸(ANA)人財戦略室 巽洋子さん(32)

 ――ANAが欲しいのはどんな人材か?

 「自らアイデアを出し、行動できる人ですね。格安航空会社(LCC)の台頭など、今、航空業界はほかの業界と同様、めまぐるしいスピードで変化しています。そんな時に、上司の指示を待って動くのでは遅すぎます。どんどんアイデアを出して、新しいものを生み出す人材を求めています」

 ――どんなアイデアが求められる?

 「ANAでは昨年の夏、東京と沖縄を結ぶ深夜発着の航空便を期間限定で導入しました。最初は『こんな時間帯に利用者がいるのか』との声もありましたが、少しでも可能性があるならと挑戦し、その結果、日帰りや1泊2日の旅行者の方から好評を得ることができました」

 ――面接ではどんな質問を?

 「ANAの面接は人物重視です。人物像を知るために、学生時代に取り組んだことをよく聞きます。アイデアもそうですが、様々なお客さんに満足してもらうためには、いろんなタイプの社員が必要です。多様な人材を集めるために、質問を通じてどんな人なのか知りたいと思っています」

 ――就職に語学力は必要か?

 「あるに越したことはないですが、より重視するのは将来、活躍できそうな人かどうかという点ですね。特に学生時代に部活でも、友達づくりでも、頑張ったことがある人は、主体的に取り組むことが習慣となっているので、就活の段階で語学ができなくても、将来、自然と勉強に取り組めると思います」

中高生へ…世界のあらゆることにアンテナを高くしてほしい

 ――学生時代は何を頑張ったらいい?

 「時間のある学生のうちに、ぜひ留学や勉強など、いろんなことにチャレンジしてもらいたいです。そういう人は会社に入ってからも、周りを引っ張っていけるのではないでしょうか」

 ――中高生のうちからできる就活準備は?

 「ニュースを含め、世界のあらゆることに対してアンテナを高くしてもらいたいです。お客様でもビジネス相手でも、様々な宗教、バックグラウンドを持つ方が増えました。海外の異なる文化への理解を深めるのに、教養は必須です。日本の文化について聞かれることもあるので、自国への理解を深めることも重要ですね」

※引用終わり。

最大手航空会社の人事採用担当のインタビュー記事ですが、中小企業の採用においても参考なると思います。

中小企業にとっても、指示待ち人間は不要ですし、人物重視は同じです。また中小企業においても、単純作業では会社は成り立たないので、多様な人材が必要です。今後は、「労働条件が合うか否か?」だけのような単純な面接では駄目だと思います。

今後、中小企業においても、「どのような人材を我が社は求めているか?」を明確にすべきだと思います。企業における求人活動では、下記のような対処が必要だと思います。

・求人誌や求人サイトだけに頼らず、自社のホームページを積極的に活用する。
・自社のホームページに「リクルートページ(求人ページ)」を作成する。
・自社のリクルートページに、出来る限り自社の情報を多く掲載する。
・「どのような人材を我が社は求めているか?」を自社のリクルートページに掲載する。
・求人誌や求人サイト広告に、必ず「自社のホームページを必ず参照の上、面接に来てください」と掲載する。

以上のような対処が必要です。

なお求人広告等をする前に、採用後の受け入れ教育体制の整備や採用試験の準備(面接・実技試験・筆記試験等)を終わらせてから求人をすることをオススメします。



写真は今日の夕食で、にんにくの茎炒め・人参のきんぴら・高野豆腐・マカロニサラダです。にんにくの茎炒めがおいしかったです(^^)。

以上、福岡・久留米のぶっちゃけ社労士(会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと採用・労務管理・労働トラブル対応の町医者 吉野でした。


※お問い合わせや相談したい時は、いつでも下記へ連絡願います。
福岡 久留米
採用と労務管理、労働トラブル対応の町医者 社会保険労務士 吉野正人
移動オフィス 090-2852-9529 (すぐつながります。)
メールアドレス naitya2000@gmail.com


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村


人事・労務 ブログランキングへ


社会保険労務士 ブログランキングへ


福岡県久留米市 ブログランキングへ  

Posted by naitya2000 at 20:41Comments(0)

2015年04月15日

4月15日 中小企業における主婦のパートの有効活用を考える

福岡・久留米のぶっちゃけ社労士(会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと 採用と労務管理の町医者 吉野正人です。

中小企業における主婦のパートの有効活用を考える

今日は主婦の再就職について気になる記事がありました。

※西日本新聞より引用

「ブランク長い」「家庭と両立は」 主婦の再就職応援 無料求人誌が悩み相談
[福岡県]西日本新聞2015年04月08日(最終更新 2015年04月08日 13時21分)

 「ブランクが長い」「家庭と仕事の両立ができるのか」-。結婚や子育てで仕事を辞めた主婦が再就職を考えても、雇用条件以外の不安を理由に二の足を踏んでしまうケースは少なくない。そんな不安を抱かずに済む働き先を一緒に考えようと、福岡都市圏の求人情報フリーペーパー「あぱぱ」を発行するアビリティ・キュー(福岡市中央区)は4月から、「主婦のための再就職相談」を始めた。

 主婦に特化した再就職相談に求人誌が取り組むのは珍しい。同社は毎週月曜に「あぱぱ」を3万6千部発行している。2012年3月までの5年間、求人とのマッチングをする「パートおしごと紹介所」事業を展開していた。その中で多くの主婦が問い合わせてきても、ブランクの問題など雇用条件以外で悩んでいることが分かったという。

 今月から始めた再就職相談では、求人を請け負う業務を通じて集めたデータを駆使し、それぞれの主婦の暮らしぶりや家族構成に合った職種や雇用形態を提案する。月2通までは無料でメール相談を受け付ける。履歴書や職務経歴書のアドバイス(20分500円)、個別カウンセリング(50分千円)も実施する。同社が行ってきた対象者を絞らない就職相談事業と比べ、主婦に対する有料サービスは、通常の半分以下の価格に設定している。

 集まった主婦の声は、9月のあぱぱリニューアル時に求人内容の説明の充実に生かす計画だ。
 自身も子育てをしながら働いている専任アドバイザーの寄能(よりのう)寛子キャリアコンサルティング事業部課長は「複数の家事を短時間でこなす主婦の能力は職場でも生かせる。女性は行動力がある。少し背中を押すだけで仕事を見つけられる女性も多いはずだ」と話す。

 相談するには無料の会員登録が必要。問い合わせはアビリティ・キュー=092(721)1919。

※引用終わり

 少子高齢化の現在、業種による人材不足が申告になっています。そしてネット社会の現在、労働者の立場から会社・業種の比較検討を簡単にできるようになり、採用の仕方にも工夫が必要だと思います。そのような状況で、主婦のパート活用は重要です。

私自身、中小企業のパート求人を見ると、「週5日勤務 10時~16時 時給750円(現在 福岡県の最低賃金は、1時間727円です。)」のような求人をよく見かけます。正直、このような求人では、主婦は働けません。。。求人における労働時間や勤務日など労働条件の設定の仕方に工夫が必要だと思います。

主婦を雇用する場合、健康保険の被扶養者要件(年間収入が130万円未満であって、かつ(英語ではand)、被保険者の年間収入の2分の1未満)や所得税法上の控除対象配偶者(給与のみの場合は給与収入が103万円以下)を考慮しないでの雇用は難しいのが現状です。

また、家事・育児などを考慮した受け入れ体制教育・労働時間・出勤日を考慮する必要があります。社会保険(健康保険・厚生年金保険)及び雇用保険の加入は、労働者はもちろん会社側の負担を伴います。正直、雇用保険は加入したくても、社会保険(健康保険・厚生年金保険)には加入したくない主婦が多いと思います。

今後、雇用保険の加入要件の1つ週20時間を考慮し、そして社会保険加入基準(1日又は週の所定労働時間が、その事業所で働く一般社員の概ね3/4以上かつ(英語で言うとand)1ヶ月の勤務日数がその事業所で働く一般社員の所定労働日数の概ね3/4以上)を下回るように、採用の仕方・勤務の仕方を考慮する必要があります。

主婦にとって、週3日程度働きたい人の要望・需要は多いので、有効だと思います。また、主婦同士勤務日の「トレード」をさせて自主的な連帯責任を持たし、いわゆる主婦パートの「ワークシェアリング」を行う事が有効だと思います。

今後は、主婦等女性労働者の活用が、中小企業の生き残りに必要だと思います。



写真は今日の昼食で、自家製お弁当(鯖の塩焼き・人参きんぴら・桜えびの玉子焼き・筍とふきの煮物)でした。筍とふきの煮物が美味しかったです。

以上、福岡・久留米のぶっちゃけ社労士(会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと採用・労務管理・労働トラブル対応の町医者 吉野でした。


※お問い合わせや相談したい時は、いつでも下記へ連絡願います。
福岡 久留米
採用と労務管理、労働トラブル対応の町医者 社会保険労務士 吉野正人
移動オフィス 090-2852-9529 (すぐつながります。)
メールアドレス naitya2000@gmail.com


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村


人事・労務 ブログランキングへ


社会保険労務士 ブログランキングへ


福岡県久留米市 ブログランキングへ  

Posted by naitya2000 at 23:11Comments(0)

2015年04月14日

4月14日 「すき家」全店深夜営業、9月に人員確保遅れの記事を読んで

福岡・久留米のぶっちゃけ社労士(会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと 採用と労務管理の町医者 吉野正人です。

「すき家」全店深夜営業、9月に人員確保遅れの記事を読んで


4月14日火曜日。今日は午前中晴れで夕方は雨と変化の激しい1日でしたが、午後から顧問先にて就業規則打ち合わせでした。最近、連日打ち合わせでバタバタしてますが、コツコツ頑張ろうと思います。今日は気になる記事がありました。

※読売新聞より引用

「すき家」全店深夜営業、9月に…人員確保遅れ
読売新聞2015年04月09日 04時00分
 傘下の牛丼チェーン「すき家」での深夜帯の1人勤務「ワンオペ」が問題となったゼンショーホールディングス(HD)は8日、全店での深夜営業の再開が9月末にずれ込むとの見通しを明らかにした。

 これまでは6月末としていた。アルバイトなどの採用が想定通りに進んでいないためだ。

 すき家本部の興津龍太郎社長が同日の記者会見で明らかにした。ゼンショーHDは昨年10月以降、人手が確保できない1254店舗で深夜営業を取りやめた。半数程度の店舗では深夜営業を再開している。

 ゼンショーHDは同日、過重労働問題を調査した有識者委員会の報告書も公表した。勤務状況は「一定程度改善した」と評価しながらも、今年2月には、残業時間が月60時間以上、100時間未満の社員も全体の9%いたことを問題視し、経営陣にさらなる取り組みを求めた。

※引用終わり。

正直、ゼンショー(すき家)は、マスコミ等で叩かれる前から、労働関係の仕事をしている者の中では「問題がある」と認識されていたと思います。飲食業を含み、問題が無い会社は無いと思います。重要なのは、問題発生後の対処だと思います。

ワンオペの問題は、人件費等費用と利益の点で、「問題」を先送り・ウヤムヤにしていたと思われます。問題は「限界値」を超えると爆発し、ネット社会の現在は、悪い評判は瞬く間に全国を駆け巡ります。そして、ブラック企業等企業にとってよろしくない評価・評判が採用に響くのが現状です。

もはや「代わりはたくさんいる」の理論は通用しないと思います。この記事の通り、ゼンショー(すき家)は、アルバイトの採用が上手くいっていないようです。さらに、すき家に限らず現在、飲食業界全体が採用難状態です。一部の企業の評判が、業界全体に響くのも現状だと思います。

ある意味、労務管理の杜撰さから出た採用難なので自業自得ですが、企業は継続発展しなければなりません。今回の「問題」から学び、「労働者は財産である」「従業員は財産である」と言う基本に戻るべきだと思います。求人票・求人広告を見直ししても悪循環です。「急がば回れ」で、まずは受け入れ教育体制の見直し・労務管理改善を早急に行うべきだと思います。



写真は今日の夕食で、鯖の塩焼き・炒り豆腐・人参のきんぴらです。鯖の塩焼きがおいしかったです(^^)。

以上、福岡・久留米のぶっちゃけ社労士(会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと採用・労務管理・労働トラブル対応の町医者 吉野でした。


※お問い合わせや相談したい時は、いつでも下記へ連絡願います。
福岡 久留米
採用と労務管理、労働トラブル対応の町医者 社会保険労務士 吉野正人
移動オフィス 090-2852-9529 (すぐつながります。)
メールアドレス naitya2000@gmail.com


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村


人事・労務 ブログランキングへ


社会保険労務士 ブログランキングへ


福岡県久留米市 ブログランキングへ  

Posted by naitya2000 at 20:22Comments(0)

2015年04月12日

4月12日 労働契約書署名捺印立会の必要性

福岡・久留米のぶっちゃけ社労士(会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと 採用と労務管理の町医者 吉野正人です。

労働契約書署名捺印立会の必要性

4月12日日曜日。昨日・今日と顧問先訪問でした。顧問先によっては、土日のほうが都合の良い場合があります。また、従業員が休みの時のほうが、ゆっくり打ち合わせしやすいと言う利点もあります。私自身、土日でも出来る限り顧問先訪問は対応していきたいと思います。

この2日間の顧問先訪問では、労働契約書の署名・捺印立会が主でした。労使間は合意によって労働契約が成立します。

労働契約法第6条では、「労働契約は、労働者が使用者に使用されて労働し、使用者がこれに対して賃金を支払うことについて、労働者及び使用者が合意することによって成立する。」と定めています。

また法律上は口頭でも成立しますが、「言った言わない」の労働トラブルになりかねません。。。したがって、労働契約書という書面を労使間で署名捺印して交わすことをオススメします。

労働契約法第4条第2項では、「労働者及び使用者は、労働契約の内容(期間の定めのある労働契約に関する事項を含む。)について、できる限り書面により確認するものとする。」と定めています。

また私自身、労働契約書の作成だけでなく、労働契約を交わすときに内容説明・質疑応答を含む立会も行っています。今後も円満な労働契約成立のお手伝いをしていきたいと思います。



写真は今日の夕食で、ちらし寿司・切り干し大根・ふきと筍の煮物・おからです。まさに健康的な和食で美味しかったです(^^)。

以上、福岡・久留米のぶっちゃけ社労士(会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと採用・労務管理・労働トラブル対応の町医者 吉野でした。


※お問い合わせや相談したい時は、いつでも下記へ連絡願います。
福岡 久留米
採用と労務管理、労働トラブル対応の町医者 社会保険労務士 吉野正人
移動オフィス 090-2852-9529 (すぐつながります。)
メールアドレス naitya2000@gmail.com


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村


人事・労務 ブログランキングへ


社会保険労務士 ブログランキングへ


福岡県久留米市 ブログランキングへ  

Posted by naitya2000 at 23:15Comments(0)

2015年04月11日

4月11日 採用と労務管理における管理職研修の必要性

福岡・久留米のぶっちゃけ社労士(会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと 採用と労務管理の町医者 吉野正人です。久しぶりのブログになり、申し訳ございませんm(__)m。

採用と労務管理における管理職研修の必要性

4月11日土曜日。今週は、大阪・東京・福岡と顧問先の管理職研修の講師を行いました。今回は採用と労務管理について中心に行い、私自身少しでも受講された方のプラスになればと思い一生懸命やってみました。

最近、全国展開及び多店舗展開している会社において、出先の支店長・店長・営業所長等による労働トラブルが増えています。最近はネット社会で、部下である従業員やパートタイマーのほうが労働法等に詳しくなっているのも事実です。

管理職による中途半端な知識での対応や、本社に相談せずに対応した挙句、大変なことになっているケースも多くあります。今後は、管理職の方々にも最低限必要な労務管理・労働法の知識を身に付ける必要があると思います。

また、パートタイマー等の採用・人事権を持っている店長等管理職の方々には、採用の仕方についても、最低限必要な知識・方法を身につける必要があると思います。

今後、私自身、顧問先を含み、管理職への採用と労務管理研修の講師も積極的に行っていきたいと思います。



写真は夕食のメインは、サーモンの西京漬け、おから、かぼちゃの煮物、切り干し大根です。健康的な組み合わせでおいしかったです(^^ゞ。

以上、福岡・久留米のぶっちゃけ社労士(会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと採用・労務管理・労働トラブル対応の町医者 吉野でした。


※お問い合わせや相談したい時は、いつでも下記へ連絡願います。
福岡 久留米
採用と労務管理、労働トラブル対応の町医者 社会保険労務士 吉野正人
移動オフィス 090-2852-9529 (すぐつながります。)
メールアドレス naitya2000@gmail.com


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村


人事・労務 ブログランキングへ


社会保険労務士 ブログランキングへ


福岡県久留米市 ブログランキングへ  

Posted by naitya2000 at 22:25Comments(0)