2013年03月14日

3月14日 車で顧問先訪問 就業規則打合せ

福岡・久留米問題社員対策解決専門・ぶっちゃけ社労士会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと 採用と労務管理の町医者 吉野正人です。

3月14日木曜日。今日は車で顧問先訪問でした。今回、就業規則を自社で作っている顧問先で、賃金規程等一部規程作成依頼の打ち合わせでした。当事務所では、就業規則の作成・全面見直しはもちろん、賃金規程等規程のみの作成・追加も行っています。

今回の打ち合わせで、やはりモデル規程をそのまま使ってはダメだと打ち合わせしながら、自分自身も改めて実感しました。やはり、会社には会社独自のルール・実態があり、ルール・実態に合った就業規則・規程が必要です。


※昼食は、自宅で高菜の古漬け・ベーコンパスタでした。

なお、今日は気になる判決の新聞記事がありました。

※読売新聞より引用

マツダ「雇い止め」元派遣13人、正社員と認定

(2013年3月13日22時43分 読売新聞)

 山口県防府市のマツダ防府工場を不当に雇い止めされたとして、元派遣社員15人が派遣先のマツダ(本社・広島県府中町)を相手取り、正社員としての地位確認などを求めた訴訟の判決が13日、山口地裁であった。

 山本善彦裁判長は、同社が一定期間直接雇用した後、派遣社員に戻す方法で長期間雇用を続けたことについて、労働者派遣法に違反すると指摘。13人について正社員と認定し、雇い止め後の未払い賃金を支払うよう命じた。雇い止めされた派遣労働者について、派遣先企業の正社員と認めた判決は異例。
 
判決によると、15人は2003年7月~09年3月の間、半年から最大で5年6か月、
同工場で働いたが、派遣会社との契約の更新などが行われず、08年11月~09年3月の間に雇い止めされた。

※引用終わり。

 地方裁判所の判決レベルなので何とも言えませんが、大きな「変化」になりそうな気が個人的にはします。。。今後、自社の従業員をどのようにに雇い・育てていくのか?その状況で、派遣社員等の非正規雇用の活用法を改めて見直す必要があると思われます。





写真は今日の夕食で、タコライス・トマトのカレースープ・サラダほうれん草・春巻きシソチーズです。タコライスはやっぱり美味しいです(^^)。なお、サラダほうれん草は、シャキシャキしてバリ旨でした。

以上、福岡・久留米問題社員対応専門・ぶっちゃけ社労士会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと 採用と労務管理の町医者 吉野でした。



人事・労務 ブログランキングへ


社会保険労務士 ブログランキングへ


福岡県久留米市 ブログランキングへ


Posted by naitya2000 at 23:45│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。