2012年09月17日

第9回 労務管理セミナーご案内

現在、中小企業にとって景気的にも厳しく、売上・利益に大きく影響を受けている会社が多いと思います。しかし、中小企業にとって利益を稼ぎ続けなければ企業の存続は不可能です。今回、約80社中小企業と接した社労士して、労働基準監督署約5000件労働相談を対応した元労働相談員として、「中小企業が生き残る為には何が必要か?」「トラブルが多く、衰退する中小企業の共通点は何か?」と言う点から、下記ポイントを中心にわかりやすく丁寧に説明いたします。

1 トラブルが多く、衰退する中小企業の共通点とは? 利益を上げ続ける労務管理とは?
2 問題社員を雇わず、戦力となる労働者を雇い、採用コストを抑える為には?
3 従業員のやる気をアップし、利益を生み出す給料・賞与の見直し方法とは?
4 毎年上がり続ける社会保険料を節税的に見直すには?
5 未払い残業手当請求、不当解雇など余計な出費を防ぐには?


なお、説明会参加者の特典として、セミナー受講後の個別無料相談の申し込みを受付け致します。今回、当事務所第9回目のセミナーとなりますが、前回5月18日に実施した社会保険料引き上げに伴う経費見直し対策セミナーを受講したお客様の声を一部紹介します。前回は約20名の方に受講して頂きました。少人数限定のセミナーですので、お早めにお申し込み願います。

※キャンセルが2席発生し、残席3となりました。お申込みは、お急ぎ願います。



・社会保険料の見直し方法のノウハウが少しわかったような気がする。(製造業G社)
・知らなかった事がわかってよかった。(製造業F社)
・内容が具体的でわかりやすい。わが社にとっては、参加料の100倍以上の価値がありました。
(建設業H社)
・季節にあった内容でよかったと思います。具体的な内容でした。(製造業K社)
・先生の熱意が伝わってきて有意義な時間を過ごせました。(D専門サービス業)

・日時:平成24年9月19日(水)13:30~15:30


・会場:久留米リサーチパーク 地下1階第2会議室 http://www.krp.ktarn.or.jp/index.html


〒839-0864 福岡県久留米市百年公園1番1号 TEL0942-37-7110 


・定員:25名様(定員になり次第締め切らせて頂きます。)


・参加費:1名につき 3000円(1社2名以上の場合は5000円) ※顧問先は無料

・主催  吉野労務管理事務所     ・講師 社会保険労務士 吉野正人



※セミナーの内容がご不満の場合は、参加費を全額返金致します。



なお、申し込みは、

1.アメブロの「メッセージを送る」で、お問い合わせをする。
http://ameblo.jp/naitya2000/theme-10047044395.html#blogContent

2.お問い合わせボタンをクリックし、お問い合わせフォームに、質問事項を入力する。
http://ameblo.jp/naitya2000/theme-10047044395.html#blogContent

3.naitya2000@livedoor.comに直接メールを送る。

4.090‐2852-9529、吉野正人に直接電話でお問い合わせをする。


以上のいづれかの方法でお願いいたします。


同じカテゴリー(労務管理セミナー)の記事画像
4月5日 第20回 労務管理から考える社会保険料節税的見直し及び法改正実務対応セミナーのご案内
第15回 中小企業が生き残る為の経費節減・人材確保対策セミナーのご案内御礼
第15回 中小企業が生き残る為の経費節減・人材確保対策セミナーのご案内
第13回 ブラック社員を雇わない為には?ブラック社員対策セミナーのご案内
11月24日 第12回労務管理セミナー御礼
第12回 社労士・弁護士共催 労務管理セミナーご案内
同じカテゴリー(労務管理セミナー)の記事
 4月5日 第20回 労務管理から考える社会保険料節税的見直し及び法改正実務対応セミナーのご案内 (2016-04-05 20:24)
 第16回 人材不足でも、生き残るための採用見直し・問題社員対策セミナーのご案内 (2015-01-04 19:54)
 第15回 中小企業が生き残る為の経費節減・人材確保対策セミナーのご案内御礼 (2014-10-26 12:44)
 第15回 中小企業が生き残る為の経費節減・人材確保対策セミナーのご案内 (2014-08-18 19:39)
 第13回 ブラック社員を雇わない為には?ブラック社員対策セミナーのご案内 (2014-01-05 20:35)
 11月24日 第12回労務管理セミナー御礼 (2013-11-24 22:39)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。