2012年07月19日

7月19日 顧問先話合い 労務管理セミナー準備 大津市いじめ

こんにちは労務管理の町医者・社会保険労務士の吉野正人です。

今日は、午後から顧問先訪問でした。約3時間のガチンコ話し合いでしたが、実りある内容でした。最近、経営者の悩み相談・一緒に考え・アドバイスをするケースが増えています。つくづく、企業における人間関係・労務管理・採用が重要だと痛感します。今後も、労務管理の面から企業の事業発展・継続を支えたいと思うこの頃です。

打合せ後は、マックでセミナー準備の為に実務本の通読を1時間半ほどしていました。次回労務管理セミナーの開催日も9月19日と決定しました。明日にでも、ホームページやfacbookなどに掲載準備をせねば。。。



なお、連日報道の続く大津市中学生いじめ事件ですが、今日の新聞に気になる記事がありました。

※朝日新聞より引用

大津自殺、同級生3人から話聞く 県警、脅迫被害で

 大津市で中学2年の男子生徒が自殺した問題で、滋賀県警が、いじめたとされる同級生3人から、脅迫事件の被害者として話を聞いたことがわかった。

 大津署は今月12日、「3人のうちの1人を殺せばこのようなことはなくなる」と書いたはがきを滋賀県庁に郵送したとして、愛知県内の無職の男(69)を脅迫容疑で逮捕。捜査関係者によると、同級生側はこの事件の被害届を出し、県警はこの件に関して話を聞いたという。

※引用終わり。

頑なにいじめを否定する加害者ですが、加害者自身が「脅迫」された時は即座に滋賀県警に被害届を出し、滋賀県警はすぐ受理し69才無職の男をすぐ逮捕しています・・・。

滋賀県警は、いじめの件では腰が重かったのに対し、この件ではすぐ逮捕とは非常に不自然であり、滋賀県警に「加害者側と何かあるのでは?」と疑ってしまいます・・・。

なお、マスコミ等にインタビューした生徒がなんらかの嫌がらせを受けたという未確認情報が賑わっており、それに対して滋賀県警は動いてくれない旨の未確認情報もあります。



この事件は、風化させてはいけない事件であり、滋賀県警の動きも世論は注目せざるを得ないと思います。個人的には、加害者親子はかなり悪質であり、加害者本人の少年院送致だけでなく、親子ともども社会的制裁も必要だと厳しいですが思います。

写真は、今日の昼食で、久留米にあるパン屋・サンタおじさんの石釜工房のコロッケパン・チーズパンと自家製酸味の利いた野菜スープです。このお店のコロッケパン・チーズパンは、大きめでメッチャ旨いです。

※サンタおじさんの石釜工房紹介食べログ

続いて、今日の夕食でカレー焼きそば、ゴーヤーしぎ焼きです。焼きそばでカレー味は珍しいと思うのは私だけでしょうか?

以上、労務管理の町医者こと社労士・吉野でした。


Posted by naitya2000 at 23:42│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。