2012年06月15日

6月14日 顧問先訪問 労働審判

こんにちは労務管理の町医者・社会保険労務士の吉野正人です。

今日は顧問先との年度更新打合せをし、役所手続きとある意味社労士として日常業務を行いました。

その後、顧問先で労働審判まで発展した事例があり、顧問先の社長が会社側の弁護士さんをたてた上で、1回目の労働審判が裁判所でありました。

 結果は、守秘義務があるので詳細は当然書けないですが、顧問先社長・会社側弁護士さん・私との事前打ち合わせが功を奏し、1回目審判で無事想定範囲内で和解できました。

労働者側の弁護士さんにおいては、真摯かつ合理的な決断に感謝します。

今回は、会社側・労働者側弁護士さんの了解のもと、裁判所の廊下で終わるのを待っていました。やはり、反対意見はあると思いますが、弁護士さんに任すべきことは弁護士さんに任せ、士業間は連携を取るべきと思った事例でした。




写真は、牛乳入りのパン、チョコクリーム入りです。ふわふわ~でした(^^)。以上、労務管理の町医者こと社労士・吉野でした。


Posted by naitya2000 at 00:14│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。