2016年02月10日

2月10日 社労士に個人情報漏らした疑い ハローワーク課長ら逮捕より

福岡・久留米ぶっちゃけ社労士会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと 採用と労務管理の町医者 吉野正人です。

社労士に個人情報漏らした疑い ハローワーク課長ら逮捕より

2月10日水曜日。今日は同業の先生の不祥事について書きたいと思います。

※朝日新聞より引用

社労士に個人情報漏らした疑い ハローワーク課長ら逮捕
朝日新聞デジタル 2月6日(土)17時12分配信

社労士に個人情報漏らした疑い ハローワーク課長ら逮捕
 職務で知り得た個人情報を社会保険労務士に漏らしたとして、福岡県警は6日、ハローワーク福岡東(公共職業安定所)の雇用保険適用課長武石博(59)=福岡市城南区長尾4丁目=とハローワーク福岡西の元期間業務職員田中美月(58)=同市早良区昭代3丁目=の両容疑者を国家公務員法違反(守秘義務違反)の疑いで逮捕し、発表した。

 また2人に漏洩(ろうえい)を依頼したとして、社会保険労務士中嶋浄次郎容疑者(59)=同市中央区小笹1丁目=を同法違反(守秘義務違反のそそのかし)の疑いで逮捕した。県警は3人の認否を明らかにしていない。

 捜査2課によると、武石、田中両容疑者の逮捕容疑は2014年6~12月、ハローワークの職務で得た雇用保険の被保険者約10人分の職歴や保険の資格取得日などの秘密情報を中嶋容疑者に漏らしたというもの。中嶋容疑者はそれらの情報を2人に求め、漏洩をそそのかした疑いがある。武石容疑者は田中容疑者の元上司で、中嶋容疑者は2人の知人という。

 福岡労働局の調査で漏洩が発覚し、同局が昨年8月に刑事告発していた。県警は7日にハローワーク福岡東を家宅捜索し、漏洩の経緯などを調べる。(張守男)

※読売新聞より引用

社労士に職歴情報漏洩、ハローワーク課長ら逮捕
読売新聞2016年02月06日 22時16分
 職務上知り得た個人の職歴情報を社会保険労務士に漏らしたとして、福岡県警は6日、福岡労働局「ハローワーク福岡東」雇用保険適用課長(59)と、「ハローワーク福岡西」元非常勤職員(58)の両容疑者を国家公務員法(守秘義務)違反容疑で逮捕した。

 社会保険労務士(59)も同法違反(唆そそのかし)容疑で逮捕した。

 発表によると、課長と元非常勤職員は社会保険労務士の依頼を受け、2014年6月頃~11月頃、ハローワーク福岡西で社会保険労務士に県内外の男女9人分の職歴など雇用保険被保険者情報を数回にわたって漏らした疑い。課長は同年12月頃にも、ハローワーク福岡東で女性1人分の情報を漏らした疑い。県警は3人の認否を明らかにしていない。

 県警によると、課長は1986年、福岡労働局に採用され、2014年4月から現職。元非常勤職員のかつての上司だった。2人は社会保険労務士と業務を通じて面識があった。社会保険労務士は社労士事務所や、中小企業の雇用保険の事務処理を代行する労働保険事務組合を運営していた。

 福岡労働局によると、漏えいは内部調査で発覚し、15年8月、県警に告発。課長らは当時、全国約4000万人分の被保険者情報を閲覧できる立場だったという。

 ハローワークを巡っては12年、「ハローワーク横浜」の非常勤職員が業者に職歴情報を漏えいしたとして、国家公務員法違反容疑で逮捕されたケースがある。

※引用終わり。

今回の事件は、社労士の一人として非常に残念であり、悲しいです。

なお新聞記事に、社労士の実名が掲載されておりますが、私自身、面識がない先生です。ただ、現在は消去されて見れませんが、ホームページ等確認したところ、補助員を雇用した労働保険事務組合を持つ社労士事務所だったようです。

雇用保険における資格取得日等の情報について、社労士が顧問先の依頼をもとに「了解」を貰って、事業所内の雇用保険被保険者の取得日、喪失日、雇用保険被保険者番号等を照会する「事業所別被保険者台帳照会願」という書類はあります。しかし、あくまでも顧問先事業主の依頼のもとに、社労士が提出代行の上で行うものであり、違法性はありません。

個人的には、ハローワークの職員に依頼して「不正に」職歴や雇用保険の資格取得日等の秘密情報を入手する理由が、同じ社労士ですがわかりません。。。そのような情報を入手して、何をしていたのでしょうか?確かなのは、「まともな」目的ではないと思われます。

今回、福岡県社会保険労務士会より、社労士会員向け会報にて、下記の通り会長よりコメントがありました。

※(平成 28 年 2 月 10 日・294 号) 福岡社労士通信より引用

「職業倫理」の徹底について
会長 帆士 宣洋
今般の「ハローワーク情報漏えい事件」は、当会所属会員も関与していることは既に報道等を通して会員各位もご存知と思います。現時点では事件の詳細が不明ですので、関係機関により事実関係が明らかになった段階で、会則にそって厳正に対処する所存です。
会員の皆様におかれましては、国民の信用・信頼を裏切ることなく、職業倫理を保持し、誠実に社労士業務をすすめていただくよう、今一度お願い致します。

※引用終わり。

今回の不祥事は、社労士という仕事において、顧問先を含む多くの企業における経営者・従業員の方々への信頼関係を損なうおそれがあります。会長の言葉通り、信用・信頼を裏切ること無く、今回の不祥事を教訓に、誠実に業務を努めたいと思います。




写真は今日の昼食で、自宅にてワンプレートランチ(ごぼうつくね、さつまいも甘辛煮、豆の煮物、こんにゃくとしいたけの煮物)です。

以上、福岡・久留米ぶっちゃけ社労士会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと採用・労務管理・労働トラブル対応の町医者 吉野でした。

※お問い合わせや相談したい時は、いつでも下記へ連絡願います。
福岡 久留米
採用と労務管理、労働トラブル対応の町医者 社会保険労務士 吉野正人
移動オフィス 090-2852-9529 (すぐつながります。)
メールアドレス naitya2000@gmail.com

ただし会社側の相談のみであり、労働者からの相談は対応していませんので、ご了承願います。
なお労働者の相談は、下記リンクの社会保険労務士をオススメします。
社会保険労務士おくむらおふぃす



にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村


人事・労務 ブログランキングへ


社会保険労務士 ブログランキングへ


福岡県 ブログランキングへ


Posted by naitya2000 at 22:58│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。