2015年11月20日

11月20日 残業147時間…JCBを書類送検から考える事

福岡・久留米ぶっちゃけ社労士会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと 採用と労務管理の町医者 吉野正人です。

残業147時間…JCBを書類送検から考えること

11月20日金曜日。今日は労働基準監督署に関する記事について書きたいと思います。

※産経新聞より引用

残業147時間…JCBを書類送検
産経新聞 11月19日(木)18時59分配信

 クレジットカード大手「ジェイシービー」(東京都港区)が昨年、本社勤務の社員7人に違法な時間外労働をさせたとして、東京労働局三田労働基準監督署は19日、労働基準法違反の疑いで、同社と取締役ら4人を東京地検に書類送検した。

 送検容疑は昨年2~3月、正社員の男女7人に労使協定で定められた月80時間を超える残業をさせたとしている。最も長く働いた30代男性は月約147時間の残業をしていた。

 同社によると、労基署から是正勧告を受けた昨年5月以降、再発防止に取り組んでいるといい、「送検が事実であれば、真摯に受け止め、誠意を持って対応していきたい」としている。

※引用終わり。

いわゆる労働基準監督署による書類送検の記事です。あくまでも新聞記事レベルなので推測の域ですが、是正勧告去年5月に受けているので、再三注意しても改まらなかったと私は思っています。この書類送検内容も、あくまでも氷山の一角だと思われます。

そして、このように新聞記事に載ってしまっては、企業イメージも崩れ、場合によっては売上等本業に影響したり、採用にも大きな影響を受けてしまうと私は思います。

なお新聞に載るパターンは、下記のようないくつかあると思います。

・再三行政指導しても、改まらない。

・ある意味、「見せしめ的」に掲載。

・従業員が新聞社に持ち込んだ。


以上のような事が、推測されます。今回の場合は、是正勧告等の行政指導ではなく、書類送検という点でも重大事だと思います。なお労働基準監督署は、労働に関する警察署なので、この記事の通り書類送検もします。

今後は、新聞記事掲載沙汰・書類送検沙汰になる前に、問題発生時早期対応・労務管理改善をオススメします。



写真は昨日の夕食で、スパイシーカレーチャーハン、たいの味噌焼き、大根の皮きんぴら、おから、ひじき、ブロッコリー、野菜たっぷり中華とろみスープです。

以上、福岡・久留米ぶっちゃけ社労士会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと採用・労務管理・労働トラブル対応の町医者 吉野でした。


※お問い合わせや相談したい時は、いつでも下記へ連絡願います。
福岡 久留米
採用と労務管理、労働トラブル対応の町医者 社会保険労務士 吉野正人
移動オフィス 090-2852-9529 (すぐつながります。)
メールアドレス naitya2000@gmail.com

ただし会社側の相談のみであり、労働者からの相談は対応していませんので、ご了承願います。
なお労働者の相談は、下記リンクの社会保険労務士をオススメします。
社会保険労務士おくむらおふぃす



にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村


人事・労務 ブログランキングへ


社会保険労務士 ブログランキングへ


福岡県 ブログランキングへ

ペタしてね


Posted by naitya2000 at 21:41│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。