2015年07月15日

7月15日 報告・連絡・相談 失敗後の対応の大切さ

福岡・久留米のぶっちゃけ社労士(会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと 採用と労務管理の町医者 吉野正人です。

7月15日水曜日。今日は、身内のゴタゴタに関する話合いに「第三者」として立ち会いました。結果的には、示談に応じることで署名捺印した上で無事終了しましたが、示談に至るまでの経緯が問題あると実感しました。今回は、相手側は大手企業でした。

企業において、問題発生時・クレーム発生時に上司への報告・連絡・相談は大切だと思います。企業としてクレーム等を対応する場合、一人の考え・判断では視野が狭く、判断を間違える事もあると思います。

企業によっては、クレームがゼロ(無し)を高く評価するかもしれませんが、私はオススメしません。もしクレームが発生した場合、クレームを正直に上司や会社に報告するとクレーム報告した自分への評価が下がるからです。その為、クレームがあったのに、「無かったこと」にすべく捏造・もみ消しを起こしかねません。いわゆる自己保身に走ってしまいます。

今後は、クレーム発生自体の責任は、従業員個人を追求するのではなく「会社」「経営者」の責任として考えたほうが良いと思います。評価すべきは、クレーム発生後における従業員の初期対応・対処を評価すべきだと思います。そして、従業員がクレームを報告・連絡・相談したことは高く評価し、クレームを報告しなかったこと・ウソをついたことに対しては厳しく懲戒処分等指導すべきだと思います。

企業活動・事業活動において失敗は、私も含め多々あります。大切なのは、「失敗時に何をしたか?」「失敗後に、どのように改善したか?」が大切だと思うこの頃です。



写真は、今日の夕食のメインは、ササミの唐揚げでした。妻の足が写ってるのは愛嬌ですm(__)m。


以上、福岡・久留米のぶっちゃけ社労士(会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと採用・労務管理・労働トラブル対応の町医者 吉野でした。


※お問い合わせや相談したい時は、いつでも下記へ連絡願います。
福岡 久留米
採用と労務管理、労働トラブル対応の町医者 社会保険労務士 吉野正人
移動オフィス 090-2852-9529 (すぐつながります。)
メールアドレス naitya2000@gmail.com


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村


人事・労務 ブログランキングへ


社会保険労務士 ブログランキングへ


福岡県 ブログランキングへ


Posted by naitya2000 at 22:02│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。