2014年12月14日

12月14日 衆議院議員選挙投票 過労死させない労務管理

福岡・久留米のぶっちゃけ社労士(会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと採用と労務管理・労働トラブル対応の町医者吉野正人です。

衆議院議員選挙投票

12月14日日曜日。今日は衆議院議員選挙でした。私自身も、地元小学校にて投票をしてきました。政治的なことは、ここでは書きませんが、社労士として少子高齢化で雇用情勢が大幅に変化した現在、中小企業が元気になる政策を望むばかりです。

企業が元気にならなければ、給料を上げることも出来ませんし、人を雇うことも出来ません。短絡的なパフォーマンスではなく、しっかり根ざした政策をコツコツすることを望んでいます。



※朝食は、娘手作りの餡子入りクレープでした。


過労死させない労務管理

今日は気になる新聞記事がありました。

※読売新聞より引用

過労死から自分守って…息子失った女性
読売新聞2014年12月12日 09時00分

過労死した息子について語り、「世の中の現実を知って」と呼びかける西垣迪世さん(吹田市の関西大で)

 過労死で息子を失った神戸市垂水区の西垣迪世みちよさんが10日、大阪府吹田市の関西大学第一高校の1、2年生約820人を前に講演し、「働くことに関するルールを学び、自分の身を守れる人になってほしい」と訴えた。

 一人息子の和哉さんは、IT企業でシステムエンジニアとして勤務。しかし、激務でうつ病になり、2006年、治療薬の過剰服用により、27歳で亡くなった。

 西垣さんは「過労死を考える家族の会兵庫」の代表として過労死防止の活動をしており、今回の講演は同校が「進路を考える前に労働について考えてほしい」と企画した。

 西垣さんは生徒を前に、徹夜で連続37時間の勤務を強いられ、パイプ椅子を並べて仮眠するなど、和哉さんが置かれていた過酷な状況について語った。そして「事実を広く伝えることは息子が私に与えた宿題。皆さんが職業を選ぶ時、生き方としてよいかどうかを考え、命と健康を大切にしてほしい」と呼びかけた。

 西垣さんが、他の遺族や弁護士らと続けてきた活動が実を結び、今年11月施行の過労死等防止対策推進法では、防止策を進めることが国の責務と定められた。

 活動を共にしてきた森岡孝二・関西大名誉教授も登壇し、「納得がいかないことがあれば声を上げよう。最初は1人でも、だんだん広がって世の中は変わっていく」と強調した。

※引用終わり。

会社側の立場であっても、従業員が亡くなることは「あってはならない事」だと思います。ましてや、過労死ならばなおさらです。。。

この様な過労死を防ぐには、日頃からの労働時間管理が必要です。残業時間許可制など机上の空論になってる場合が多いですが、下記のような対処が必要だと思います。

1 労働時間の記録。

2 「残業禁止命令をして応じない場合、残業許可申請をセずに勝手に残業した場合は懲戒処分をする」旨の就業規則記載・変更・周知。

3 労働時間を記録した上で、残業時間が慢性的に多い従業員とはヒアリング。

4 ヒアリングの結果、配置転換・職務見直しや残業禁止命令

5 残業禁止命令の場合で従わない場合は、就業規則に沿って懲戒処分(訓戒レベル)を行う。

以上のような対処が必要だと思います。正直列挙した内容も難しいとは思いますが、1つずつコツコツ行う必要があると思います。なお、残業しているのを「放っておく」のは、労働紛争時には黙認と判断されますので注意が必要です。



写真は今日の夕食で、カレーピラフ・切り干し大根・ほうれん草の胡麻和え・キャベツの酢の物です。カレーピラフがおいしかったです(^^)。


以上、福岡・久留米のぶっちゃけ社労士(会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと採用・労務管理・労働トラブル対応の町医者 吉野でした。


※お問い合わせや相談したい時は、いつでも下記へ連絡願います。
福岡 久留米
採用と労務管理、労働トラブル対応の町医者 社会保険労務士 吉野正人
移動オフィス 090-2852-9529 (すぐつながります。)
メールアドレス naitya2000@gmail.com


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村


人事・労務 ブログランキングへ


社会保険労務士 ブログランキングへ


福岡県久留米市 ブログランキングへ


Posted by naitya2000 at 21:34│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。