2014年11月22日

11月22日 すき家のワンオペ(1人業務)から学ぶこと

福岡・久留米のぶっちゃけ社労士(会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと採用と労務管理・労働トラブル対応の町医者 吉野正人です。

すき家のワンオペ(1人業務)から学ぶこと


11月22日土曜日。今日はゼンショー(すき家)に関する記事がありましたので買いたいと思います。

※時事通信より引用

ゼンショーHD、労働改善へ外部委設置/長時間労働など点検
(時事通信)2014年11月14日
ゼンショーホールディングス(HD)は14日、牛丼チェーン「すき家」の労働改善に向け、社外の有識者で構成する「職場環境改善促進委員会」を設置したと発表した。長時間労働の解消に向けた会社側の取り組みを点検し、再発防止や信頼回復を図る。

委員会は、白井克彦前早稲田大総長をはじめ弁護士、ジャーナリスト、経営者など5人で構成。17日に第1回会合を開き、来年3月末をめどに中間報告をまとめる。

すき家は、過酷な労働が問題となり、人手不足による営業休止が拡大。ゼンショーHDは2015年3月期に初の連結営業赤字に転落する見通しで、経営に深刻な影響を及ぼしている。

同社はこうした状況を改善するため、14年10月から深夜の1人勤務「ワンオペ」を廃止。さらに労働時間の短縮に取り組んでおり、4月に90時間を超えたすき家社員の平均残業時間は、10月には31.6時間に縮小している。

※引用終わり。

問題沙汰になったすき家ですが、やっと外部委員会が設置されたようです。価格競争の挙句、人件費削減による利益確保を繰り返した結果、労務管理がおろそかになったと「会社側」の立場である社労士としても言わざるを得ません。

この新聞記事では、深夜業務の1人業務「ワンオペ」を廃止と書いています。しかし私自身、11月上旬あるすき家を早朝に利用した時は、1人業務(ワンオペ)でした。店員さんは全くゆとりがない状況で頑張ってらっしゃいました。

働いている者からの現場の評判は、ネット社会の現在、すぐに広がります。現在すき家は求人を一生懸命していますが、厳しいようです。労働者は財産です。その時だけの利益確保に傾倒すると、人材という財産を失うという事例だと思います。一時的な利益より継続性です。

パートタイマーであれ、人を育てない労務管理は、この記事のように厳格に影響が出ると思います。経営者の考え方から見直した上での労務管理が必要だと思います。もう小手先では通用しません。



写真は今日の夕食のメインで、豆腐つくね、かぼちゃ煮物、おからです。豆腐つくねが美味しかったです(^^)。

以上、福岡・久留米のぶっちゃけ社労士(会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと採用・労務管理・労働トラブル対応の町医者 吉野でした。


※お問い合わせや相談したい時は、いつでも下記へ連絡願います。
福岡 久留米
採用と労務管理、労働トラブル対応の町医者 社会保険労務士 吉野正人
移動オフィス 090-2852-9529 (すぐつながります。)
メールアドレス naitya2000@gmail.com


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村


人事・労務 ブログランキングへ


社会保険労務士 ブログランキングへ


福岡県久留米市 ブログランキングへ


Posted by naitya2000 at 19:56│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。