2014年09月26日

9月26日 労務管理セミナーレジュメ作成 就業規則説明会 ワタミ裁判口頭弁論で思ったこと

9月26日 労務管理セミナーレジュメ作成 就業規則説明会 ワタミ裁判口頭弁論で思ったこと
福岡・久留米のぶっちゃけ社労士(会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと 労働トラブル対応と採用、労務管理の町医者 吉野正人です。

労務管理セミナーレジュメ作成 就業規則説明会

9月26日金曜日。今日は夕方まで10月24日金曜日に行う「第15回 中小企業が生き残る為の経費節減・人材確保対策セミナーのご案内」のレジュメ作成に勤しんでいました。おかげさまで、大筋のレジュメが出来上がったので、今後は読み込み・修正を繰り返し行なって「熟成作業」を繰り返していきたいと思います。

夜からは、珍しくJRに乗って顧問先を訪問しました。今回は作成した就業規則の説明会と質疑応答でした。通常は1時間程で終わる場合が多いんですが、ガチンコな質問が多く論議で長時間となりました。時間はかかりましたが、勉強になりました。




※昼食は自宅で秋刀魚ご飯でした。

ワタミ裁判口頭弁論で思ったこと

今日は、ワタミの裁判に関する気になるブログ記事がありました。長い記事ですが、お付き合いいただければ幸いです。

※田中龍作ジャーナル引用:記事として個人的な見解ですが、客観性に疑問があるので参考程度に一読願います。

ワタミ過労死裁判 全国津々浦々の店舗で労基法破り

田中龍作ジャーナル2014年09月22日 20:02

 「残業代未払い」「30日以前の解雇通告なし」…ブラック企業の実態が公文書で明らかにされた。

 過酷な勤務の果てに自殺に追い込まれた大手居酒屋チェーン和民の元正社員の父母が、会社と創業者の渡辺美樹氏(現参院議員)の責任を追及する「ワタミ過労死裁判」の第5回口頭弁論が、きょう、東京地裁であった。

 原告は2008年6月、和民の社宅が入るビルから飛び降り自殺した森美菜さん(享年26歳)の父・豪さんと母・祐子さん。

 被告は美菜さんを直接雇用していたワタミフードサービスと親会社のワタミ、創業者の渡辺美樹氏。

 訴えによると2008年4月、ワタミフードサービスに入社した美菜さんは、月100時間を超える残業と過酷なノルマに追われた。心身ともに疲れ果てた美菜さんは2か月後に自殺した。

 手帳には「体が痛いです。体が辛いです。どうか助けて下さい」と書き遺されていた。

 原告(父母)は「被告(ワタミ)は安全配慮義務を怠った」としているが、被告は否定している。

 ワタミの過重労働を公的に証明するものとして労基署の「是正勧告」と「指導票」がある。

 ワタミフードサービスは全国の労働基準監督署から、わかっているだけでも24件の是正勧告、17件の指導票を受けている。「是正勧告」は、労働基準法違反を指摘し是正を求めたものだ。レッドカードに相当する。

 原告は「是正勧告」と「指導票」の提出を求めてきた。

 被告は「(本件裁判との)関連性がない」などとして拒否してきたが、きょう、すべての是正勧告書と指導票を渋々提出した。

 全国津々浦々の和民で労基法違反が まかり通っていた ことを公的文書が明らかにしたのである。次のような内容だ―

・平成20年(2008年)6月27日 和民香里園駅前店 労働基準法37条違反 ~北大阪労基署
『平成18年9月以前2年間の時間外手当及び深夜手当の一部分を支払っていない』 

・平成21年11月30日 和民原宿明治通店 労働基準法20条 違反 ~渋谷労基署
『平成21年10月9日に解雇するにあたり、30日以前に予告していないのに30日分の解雇手当を払っていない』

・平成20年4月21日 和民柏店 労働安全衛生法66条違反 ~柏労基署
『健康診断を行っていない』 

 口頭弁論後、開かれた報告集会で父親の豪さんは、ワタミの対応について感想を述べた―

 「求めていた是正勧告書、指導票は(思ったことを)裏付けている。やっぱりな。美奈が勤め始めた頃すでに勧告書が出ていた。(ワタミは)“どうしてか分かりません”と言っていたが、分かっていた。全て事実を隠していたんだな」。

 きょうの法廷では「是正勧告」の他にも驚かされたことがある。被告が「美菜さんとの間に雇用関係がない」と主張していることが明らかになったのである。

 原告弁護団によると―

 美菜さんは入社式での配属希望アンケートで「外食」に印をつけた。美菜さんが就職したのは、ワタミフードサービスであって、ワタミ本社ではない。この時点でワタミ本社と美菜さんとの間に雇用関係はなくなった。

 ワタミ本体と渡辺美樹氏の責任には当たらないという理屈である。美菜さんには渡辺美樹CEO本人の名前で辞令が交付されているのにもかかわらず、だ。

 著しく常識を欠いた主張だ。労基法違反の限りを尽くしても責任が問われないのであれば、労働者は無法地帯で働かされていることになる。日本中の会社がブラック企業になってしまう。

※引用終わり。


確かに、直接雇用しているのはワタミフードサービスであり、ワタミ本社ではありません。直接上の使用者は、ワタミフードサービスです。

法的には間違ってませんが、ワタミ本社を含むワタミグループとしては、墓穴をほっていると思います。

ワタミフードサービスは形骸化しており、ワタミ本社が直接契約責任を持つべきだと言う「法人格否認」で遺族側が訴えるのも、個人的には難しいと思います。

また、ワタミフードサービスという子会社を不当・違法な目的で濫用したという「法人格濫用」で遺族側が訴えるのも厳しいと思います。

しかし、「実態」は子会社を指揮命令しているワタミ本社が存在し、子会社は主従関係で言う「従」の立場でしかないと思われます。

したがって、個人的には「実質」渡邉美樹氏がワンマン企業だと思います。法的には「正解」であっても、この記事のような裁判上でのワタミ側の弁論が事実ならば、ネット世論等への影響・風評被害は小さくないと思います。

渡邉美樹氏を含む経営者の考え方を、この事件をきっかけに労務管理の改善に変えなければ、今後も採用に悪い影響を与え、売上・利益に影響が出ると思います。店の名前をワタミとわからないようにすればいいと言う「小手先」な対応では、先がないと思われます。




写真は今日の夕食のメインで、海老チリソースと青椒肉絲で中華な夕食でした。両方共おいしかったです(^^)。

以上、福岡・久留米のぶっちゃけ社労士(会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと労働トラブル対応と採用、労務管理の町医者 吉野でした。

※お問い合わせや相談したい時は、いつでも下記へ連絡願います。
福岡 久留米
採用と労務管理、労働トラブル対応の町医者 社会保険労務士 吉野正人
移動オフィス 090-2852-9529 (すぐつながります。)
メールアドレス naitya2000@gmail.com


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村


人事・労務 ブログランキングへ


社会保険労務士 ブログランキングへ


福岡県久留米市 ブログランキングへ


Posted by naitya2000 at 23:29│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。