2014年07月16日

7月16日 相談対応と顧問先訪問 労働基準監督署 書類送検事例から学ぶ

福岡・久留米のぶっちゃけ社労士(会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと 採用と労務管理の町医者 吉野正人です。

7月16日水曜日。昨日今日と午後から西鉄電車で顧問先訪問でした。顧問先を訪問して思うことは、やはり顔を合わせて話をしないと、内容がお互い伝わらないと実感します。

私自身、顧問先からの相談は、24時間いつでも携帯電話にて相談対応可能でやっています。しかし、ややこしい案件・複雑な案件は、「顔を合わせて」問題の本質を会話しながら確認した方が、わかりやすく理解するのが速いと思います。

会社によっては、会社備え付けのホワイトボードに書きながら説明する時もあります。今後も、会社側の立場で「わかりやすく」「より速く」問題点を解決できるお手伝いをしていきたいと思います。

今日は、福岡労働局のホームページで送検事例に目が止まりました。


※福岡労働局 ホームページ送検事例引用

福岡中央労働基準監督署発表
平 成 2 6 年 6 月 1 8 日

賃金不払事件でゲームソフト販売業者を送検

平成26年6月18日、福岡中央労働基準監督署は、労働者に定期賃金を支払わなかったゲームソフト販売業者及び代表者を、最低賃金法違反の疑いで、福岡地方検察庁に書類送検した。

1 被疑者
(1)ゲームソフト販売業者(所在地 福岡市博多区)
(2)同社代表取締役

2 送検法条文及び罰条
最低賃金法違反
同法第4条第1項
同法第40条(50万円以下の罰金)
同法第42条第1項(両罰規定)

3 事件の概要
ゲームソフト販売業者は、同社に雇用されていた労働者3名に対する平成25年4月21日から同年7月20日までの賃金2,077,350円を、所定の支払日に支払わず、もって、福岡県最低賃金額(1時間701円)以上の賃金を支払わなかったものである。同社は、仕事量が減少した影響等で資金繰りが悪化し、平成26年2月20日に事業場閉鎖、事実上倒産した。

4 当署管内における送検状況
当署における過去3年間の送検状況は、平成23年18件(うち賃金不払11件)、24年14件(うち賃金不払11件)、25年15件(うち賃金不払9件)という状況である。

※引用終わり


私自身、労働基準監督署にて非常勤の労働相談員をしていたので、賃金未払の事例はたくさん経験しました。労働基準監督署は、年金事務所やハローワークと違って、いわゆる労働に関する「警察署」で、書類送検が可能です。

この引用事例のように、会社の業績が厳しいと、賃金未払いが発生し、労働者が労働監督署に相談に来るケースが非常に多かったりします。実際、賃金未払いは、いきなり監督署の労働基準監督官が書類送検するわけではありません。

監督署で「賃金未払い」の事案は、下記のような流れが多いようです。

賃金未払いについて監督署で労働相談→労働者自身が会社へ書面にて支払期限を決めて未払賃金の支払いを請求→支払期限に賃金支払いが無い事実を持って、労働基準監督署へ申告→申告受理後、労働基準監督官が調査を実施→違反事実を是正勧告(行政指導)→再三指導しても改善されない又は極めて悪質な場合に書類送検

以上のような、おおまかに書くと流れの上で「書類送検」に至ります。いきなり書類送検に至ることは極稀ですが、油断大敵です。監督署調査対応は、慎重に専門家(社労士)に相談することをオススメします。なお、ウソ・インチキ・捏造は問題外です。



写真は今日の夕食で、さんまのレモンソテー・ひじきの煮物・妻友人から頂いた自家製トマト・にんじんしりしりです。野菜が多く美味しかったです(^^)。

以上、福岡・久留米のぶっちゃけ社労士(会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと採用と労務管理の町医者 吉野でした。

※お問い合わせや相談したい時は、いつでも下記へ連絡願います。
福岡 久留米
採用と労務管理の町医者 社会保険労務士 吉野正人
移動オフィス 090-2852-9529 (すぐつながります。)
メールアドレス naitya2000@gmail.com



にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村


人事・労務 ブログランキングへ


社会保険労務士 ブログランキングへ


福岡県久留米市 ブログランキングへ


Posted by naitya2000 at 20:16│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。