2014年05月08日

5月8日 就業規則作業 顧問先打ち合わせ 退職金規程について

福岡・久留米のぶっちゃけ社労士(会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと 採用と労務管理の町医者 吉野正人です。

5月8日木曜日。ゴールデンウィークも終わり、気分も仕事モードに戻りつ釣ります、とは言っても、全く出かけなかったので、引きこもりのゴールデンウィークだったりします。ゴールデンウィーク中は、半分オフの状態ながら就業規則・規程の作り直し・訂正作業をしていました。

今日は午後から顧問先と賃金規程見直しの打ち合わせを行いました。打ち合わせを積み重ねていくと、お客様(顧問先の社長さん)が何を求めているかが見えてきます。論議することにより、訂正すべき箇所がはっきりして、「熟成」されていきます。今後も、この作業をコツコツを続けていきたいと思います。

今日は気になる新聞記事がありました。

※読売新聞より引用

900人が失業、退職金支払い求め労組結成…兵庫
2014年05月02日 10時09分
 イスラエルにある半導体メーカーの日本法人「タワージャズジャパン」(兵庫県西脇市平野町)が7月末で閉鎖されるのを受け、従業員側が労働組合を組織し、1日、「退職金の100%を1か月以内に全額一括で支給する」など4項目の要求書を会社側に提出した。

 新労組は「連合北播地域ユニオンタワージャズジャパン支部」。4月30日夜に、西脇市内で行われた結成大会には、従業員31人が参加した。今後、職を失う全従業員約900人に参加を呼びかける。

 同社の就業規則では、会社側は従業員の退職後1か月以内に退職金を支払うことになっている。しかし、今回の閉鎖にあたり、「退職金の半額は工場の機械を売却した金を充てる」という内容の説明が行われたという。組合は12日に団体交渉を開くよう申し入れた。

 要求書ではほかに▽退職一時金として賃金の3か月分を退職後1週間以内に支給する▽再就職支援に万全を期する▽離職にあたっては従業員が不利益にならぬよう配慮することを求めた。

 労組の長谷川英明委員長は「退職金の半分は機械が売れてからという説明は納得できない。改善を要求したい」としている。堀田祐介・同社総務人事部長は「退職金を作るために最大限の努力をしている」と話した。

※引用終わり。

事業所閉鎖に伴う労働トラブルの記事です。就業規則に「従業員の退職後1か月以内に退職金を支払う」と記載されているのに対し、会社側より「退職金の半額は工場の機械を売却した金を充てる」と就業規則と違う対応をしたために労働組合が結成されてしまった事例です。

労働組合が結成されると、「会社側の立場」から見ると、事案がこじれるパターンが多いような気がします。会社として資金繰りが厳しいのはよくわかりますが、今後は団体交渉を通じ、裁判沙汰にならないよう根気よく「着地点」を探るしか無いと思われます。ただし、実行が無理な妥協は不要です。

なお、この記事からもわかるように、就業規則作成においては、いわゆるモデル就業規則の文面をそのまま使用するのではなく、会社ごとに会社の現状に合わせて作る必要があります。

退職金については、就業規則とは別に退職金規程を別途作成する必要があります。退職金規程の中身については、会社ごとに最適な「退職金の有無」「退職金の内訳」「退職金の支払い時期」「支払い可能な退職金の額」「退職金の計算方法」を定める必要があります。

やはり、就業規則や退職金規程を含む各規程を各会社にピッタリ合った「オーダーメイド(個別作成)」することをオススメします。ネットからモデル就業規則を拾った中途半端な就業規則は危険です。



写真は今日の夕食のメインで、トマトとじゃがいものグラタンです。あっさりして健康的な味でおいしかったです(^^ゞ。

以上、福岡・久留米のぶっちゃけ社労士(会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと採用と労務管理の町医者 吉野でした。


※お問い合わせや相談したい時は、いつでも下記へ連絡願います。
福岡 久留米
採用と労務管理の町医者 社会保険労務士 吉野正人
移動オフィス 090-2852-9529 (すぐつながります。)
メールアドレス naitya2000@gmail.com



Posted by naitya2000 at 20:32│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。