2014年03月29日

3月29日 労働保険事務組合研修 顧問先打ち合わせ フジテレビ社員、出向先で1億円を私的流用

福岡・久留米のぶっちゃけ社労士(会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと 採用と労務管理の町医者 吉野正人です。

3月29日金曜日。今日は1日中、自宅にて発送作業や書類作成で終わった1日でしたが、昨日一昨日と2日間は外回りと研修で終わりました。

顧問先訪問では、労働契約書を顧問先で一緒に作成したり、給料計算のチェックや手続き関係の打ち合わせなどを行いました。事務的な事を含め、労働契約書の作成を一緒に行うなどきめ細かい対応を今後もしていきたいと思います。

あと、私が加入する労働保険事務組合・福岡県経営労務福祉協会の労働保険年度更新の研修に参加しました。当事務所は、一人親方加入や事業主の特別加入も対応しています。

とうとう労働保険事務組合も電子申請を導入し、内容の大部分がソフトの操作方法でした。高齢者が多い社労士業界では、しばらくは従来方法も兼用ですべきでは?と個人的には思います。

今日は気になる記事がありました。

※読売新聞より引用
フジテレビ社員、出向先で1億円を私的流用
(2014年3月27日19時06分 読売新聞)
 フジテレビ(東京都港区)は27日、男性社員(48)が社長を務めていた出向先の会社で、同社の運用資金約1億円を不正流用していたと発表した。 26日付で男性社員を懲戒解雇処分にし、刑事告訴も検討しているという。

 フジテレビによると、男性社員は2008年7月、親会社「フジ・メディア・ホールディングス」の子会社に当たる婚礼プロデュース会社「ストーリア」に出向。11年11月から先月までに複数回にわたり、同社の運用資金計約1億円を自分の銀行口座に不正送金し、株の投資などに私的流用していた。男性社員は弁済が不可能になったとして19日、ストーリアの監査役に不正行為を伝え、問題が発覚したという。

 男性社員は出向前、ドラマのプロデューサーをしており、「お見合い結婚」などのドラマを手がけていたという。フジテレビは「管理体制を一層強化し、再発防止の徹底に努める」とコメントした。

※引用終わり。

最近、問題の多いマスコミ・テレビ業界ですが、フジテレビさんの社内は、内部がおかしくなってしまったのでしょうか?

労務管理的にも、1人に丸投げしていると、このようなケースになりかねません。長期にわたり一人だけに任せると、その人しかわからない業務になってしまい、立ち入れない「聖域」「ブラックボックス」が出来てしまいます。

対処法としては、

・業務の抜き打ちチェックを頻繁に行う
・1つの業務について1人に任せず、メインの人に対してサブの人材をつけて、情報の共有化をはかる

以上のような対処が必要だと思われます。



写真は今日の夕食で、ざるそば・高菜のオムレツ・刺身こんにゃく・きゅうりの柚子胡椒和えです。今日はヘルシーメニューでおいしかったです(^^)。

以上、福岡・久留米のぶっちゃけ社労士(会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと採用と労務管理の町医者 吉野でした。


※お問い合わせや相談したい時は、いつでも下記へ連絡願います。
福岡 久留米
採用と労務管理の町医者 社会保険労務士 吉野正人
移動オフィス 090-2852-9529 (すぐつながります。)
メールアドレス naitya2000@gmail.com


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村


人事・労務 ブログランキングへ


社会保険労務士 ブログランキングへ


福岡県久留米市 ブログランキングへ


Posted by naitya2000 at 18:31│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。