2016年01月17日

1月17日 スキー夜行事故から、人手不足の現場 採用を考える

福岡・久留米ぶっちゃけ社労士会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと 採用と労務管理の町医者 吉野正人です。

1月17日日曜日。先日、スキー夜行バスの大事故があり、労務管理や採用の面でも深く考えさせられました。そのことについて書きたいと思います。

※朝日新聞より引用
スキー夜行日帰り「過酷」 競争過熱、足りない運転手
朝日新聞2016年1月16日07時53分
 長野県軽井沢町で15日未明に起きたバス事故で、今回のスキーツアーは車中泊の後、現地で泊まる1泊3日や2泊4日で1万3千~2万円弱の格安料金だった。ネットには「最安値」「超お得」と価格を競う宣伝があふれる。

長野スキーバス転落事故
 公益財団法人・日本生産性本部の調べでは、スキー人口は1993年の1860万人が2014年は760万人に激減。都内の旅行会社の担当者は「格安ツアーは広告みたいなもの」と話す。スキー客が先細り、減ったパイを奪い合うのが実情だ。コスト削減のなか、安全性の確保に取り組んでいるという。

 貸し切りバス業界では、運転手不足の影響も懸念されている。

 国交省によると、貸し切りバスの事業者は2000年に規制緩和され、00年度の2864社から12年度は4536社に増えた。日本バス協会(東京都)の11年のアンケートでは、大手事業者の7割以上「運転手が不足している」と回答。事業者は、運転に必要な大型二種免許取得に助成するなどしているが、「訪日外国人の急増で旅行会社からの注文に応えられないのが実情」という。

 高齢化も深刻だ。今回の事故の運転手は65歳57歳。国交省によると、バス運転手の平均年齢は48・5歳で全産業の平均42・1歳を上回り、6人に1人が60歳以上だ。バス運転手に年齢制限はないが、事業用自動車の運転手の病気による「健康起因」の事故は2014年に96件発生しており、運転への不安はぬぐえないのが現状だ。

■相次ぐ高速バス事故

 2000年にバス参入が規制緩和された後、高速バス事故は相次いだ。12年に関越道の高速ツアーバス事故で7人が死亡したのを機に、国土交通省は安全対策の強化に乗りだした。
※引用終わり。

今回のスキーバス事故は、死亡14人・27人重軽傷と大事故になってしまいました。事故に関する報道が多く、労務管理の杜撰さも露呈していますが、今回引用した記事の通り、慢性的な人手不足による問題も大きいと私は思います。

少子高齢化社会
となり、産業界全体が慢性的な人手不足になっていると私は思っています。そして、ネット社会による情報社会となり、業界比較・会社比較が簡単に出来るようになったのも大きいと思います。現に旅客運送業のドライバー不足は、記事の通り深刻です。。。

そして業界的に、運送・旅客業界も、労働トラブルが飲食業・医療介護業業界に続き、多いように私は思います。労働トラブルが多い点でも、情報・噂はネット・口コミなどで広がり、運送業界・旅客業界の採用に影響しているように私は思います。

しかし嘆いてばかりでは意味がありません。「今後どうすればいいか?」を考える必要があります。今回の事故を教訓に、採用の仕方・採用後の教育及び労務管理の仕方を改めるきっかけになれば幸いです。そのためにも、若い労働者が安心して長く楽しく働ける勤務体制を作る必要があります。

現にバスが好き・トラックが好き・車が好きな方も多いと思います。会社として、「好き」「憧れ」「プロ」としてのドライバーで働くことへの「魅力」へと育てる体制が必要な気がします。今後、「好きこそものの上手なれ」が実現できる会社づくりのきっかけになれば幸いです。今後は、専門家・プロ・職人としての労働者育成が、中小企業において大切であると思うこの頃です。




写真は今日の夕食で、ミートソース、カリフラワー、キャベツの天かす煮、切り干し大根、大根と赤貝の煮物です。

以上、福岡・久留米ぶっちゃけ社労士会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと採用・労務管理・労働トラブル対応の町医者 吉野でした。

※お問い合わせや相談したい時は、いつでも下記へ連絡願います。
福岡 久留米
採用と労務管理、労働トラブル対応の町医者 社会保険労務士 吉野正人
移動オフィス 090-2852-9529 (すぐつながります。)
メールアドレス naitya2000@gmail.com

ただし会社側の相談のみであり、労働者からの相談は対応していませんので、ご了承願います。
なお労働者の相談は、下記リンクの社会保険労務士をオススメします。
社会保険労務士おくむらおふぃす



にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村


人事・労務 ブログランキングへ


社会保険労務士 ブログランキングへ


福岡県 ブログランキングへ
  

Posted by naitya2000 at 20:42Comments(0)