2015年08月04日

8月4日 各会社に合った就業規則 就業規則の見直し方について

福岡・久留米のぶっちゃけ社労士(会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと 採用と労務管理の町医者 吉野正人です。

各会社に合った就業規則 就業規則の見直し方について


8月3日月曜日。昨日は顧問先にて就業規則打ち合せ、今日は車で1日中顧問先訪問・打ち合わせでした。最近、就業規則関係の打ち合わせが続いています。なお就業規則の打ち合わせも、会社によって様々です。

会社によって、「重要なこと」はぞれぞれ異なります。製造業には製造業の事情があり、建設業には建設業の事情があります。業種別に、服務規律・労働時間制度・賃金制度・懲戒等就業規則の中身は大幅に異なってきます。

また、営業が多い会社ならば、営業の事情に合わせた労働時間制度や賃金制度を考える必要があります。また、製造等作業する従業員が多い場合は、営業等とは異なる労働時間制度・賃金制度を考慮する必要があります。いわゆる業務別・事業所別に労働時間制度・賃金制度を分ける事も多々あります。

また就業規則の見直しの場合、会社によって「変更の仕方」も配慮が必要に思うこの頃です。全面見直しの場合、理想は就業規則・賃金規程・退職金規程等すべて同時に変更したいのが本音です。

しかし会社によっては、賃金規程の見直しを次回以降にずらして行う又は労働時間の項目を次回以降にずらして行う等会社の状況によって、改定内容の変更時期をずらすのも有効だと思います。

また、従業員の考え方や心情等を「先読み」して就業規則の段階的見直しも必要だと思うこの頃です。「急激な改革」も必要かもしれませんが、会社の状況に応じ段階を追って徐々に改善もありだと思うこの頃です。




写真は今日の夕食で、ささみの唐揚げ、ラタトゥイユ、なすの煮浸し、かぼちゃ煮物、豆腐とゴーヤのチャンプルー、高野豆腐です。豆腐とゴーヤのチャンプルーが美味しかったです(^^ゞ。


以上、福岡・久留米のぶっちゃけ社労士(会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと採用・労務管理・労働トラブル対応の町医者 吉野でした。


※お問い合わせや相談したい時は、いつでも下記へ連絡願います。
福岡 久留米
採用と労務管理、労働トラブル対応の町医者 社会保険労務士 吉野正人
移動オフィス 090-2852-9529 (すぐつながります。)
メールアドレス naitya2000@gmail.com


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村


人事・労務 ブログランキングへ


社会保険労務士 ブログランキングへ


福岡県久留米市 ブログランキングへ  

Posted by naitya2000 at 23:01Comments(0)