Posted by at

2015年04月28日

4月28日 学生アルバイトへの雇用にも注意を

福岡・久留米のぶっちゃけ社労士(会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと 採用と労務管理の町医者 吉野正人です。

学生アルバイトへの雇用にも注意を

4月28日火曜日。今日は、厚生労働省ホームページで気になるプレスリリース(報道発表)がありました。

※厚生労働省ホームページ2015年3月30日より引用

報道関係者各位

「アルバイトの労働条件を確かめよう!」キャンペーンを実施します
~アルバイトを始める学生が多い4月から7月まで~

厚生労働省では、大学生や専門学校生などの学生を対象に、アルバイトを始める前に労働条件の確認を促すことを目的とした「アルバイトの労働条件を確かめよう!」キャンペーンを実施します。

 学生がアルバイトをする際、事業主の労働基準法違反などにより、さまざまなトラブルに巻き込まれることがあります。これらのトラブルの中には、学生側が労働基準法などに関する知識を持っていれば、簡単に避けられるものも少なくありません。

今回のキャンペーンでは、多くの大学生や専門学校生などがアルバイトを始める4月から夏休み前までを実施期間として、キャラクターを活用した広報活動や、大学生座談会の開催、リーフレットの配布などを行っていきます。

【キャンペーン概要】
(1) 実施期間
    平成27年4月1日から7月31日
(2) 取組内容
ア「アルバイトの労働条件を確かめよう!」キャラクターを活用した広報活動の実施
イ 大学生座談会の開催
ウ 大学などへの「アルバイトをする前に知っておきたい7つのポイント」リーフレットの配布。
エ 労働条件に関する総合情報サイト「確かめよう 労働条件」※や厚生労働省Twitterなどを利用した大学生などの学生向けの情報提供

※引用終わり。

記事によると、厚生労働省による学生アルバイトへの啓蒙活動のようです。実際、学生アルバイトにおいても、「ブラックバイト」と呼ばれている仕事もあるようです。学生にとっても、「安くてキツイ」仕事は選びたくないという心理は当然あります。

経営者や管理職として勘違いしていけないのは、「学生アルバイトは正社員と同じ労働基準法は適用されない。」と勘違いしている方が未だにいらっしゃいます。。。学生アルバイトも正社員も、同じ労働基準法が適用されます。

学生アルバイトにおいても、「労働者は財産である」と言う考えで採用し、労務管理する必要があります。なお、学生アルバイトにも「問題労働者」「ブラック労働者」はいらっしゃいます。したがって、学生アルバイトの採用の仕方も、正社員と同じように労働条件が合うか否かだけでなく「中身」もしっかり面接・実技試験等で判断して雇う必要があります。



写真は今日の夕食で、ブリの照焼き・鶏バター醤油炒め・マカロニサラダでした。ブリの照焼きが、おいしかったです(^^)。

以上、福岡・久留米のぶっちゃけ社労士(会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと採用・労務管理・労働トラブル対応の町医者 吉野でした。


※お問い合わせや相談したい時は、いつでも下記へ連絡願います。
福岡 久留米
採用と労務管理、労働トラブル対応の町医者 社会保険労務士 吉野正人
移動オフィス 090-2852-9529 (すぐつながります。)
メールアドレス naitya2000@gmail.com


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村


人事・労務 ブログランキングへ


社会保険労務士 ブログランキングへ


福岡県久留米市 ブログランキングへ  

Posted by naitya2000 at 21:06Comments(0)