Posted by at

2015年03月16日

4月16日 小回りの効く町医者社労士 「男性8割出産休暇」少子化対策の記事を読んで

福岡・久留米のぶっちゃけ社労士(会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと 採用と労務管理の町医者 吉野正人です。

小回りの効く町医者社労士

4月16日月曜日。今日は西鉄電車で移動し、顧問先訪問でした。今回は手続き関係と相談、労使話し合い立会でした。最近、労使間のやり取りでつくづく実感するのは、「なあなあ」では通用しなくなってきている事です。私自身、労使間の円満な橋渡しになるべく、小回りの効く「町医者」社労士として対応していきたいと思います。


「男性8割出産休暇」少子化対策の記事を読んで

今日は気になる新聞記事がありました。

※読売新聞より引用

20年「男性8割出産休暇」目標…少子化対策で
読売新聞2015年03月14日 09時57分
 政府は13日、新たな「少子化社会対策大綱」の原案をまとめ、自民党の部会に提示した。


 2020年には8割の男性が妻の出産時に休暇を取ることを目標にするなど、男性が出産や子育てに積極的に関与することを促したのが特徴だ。政府は月内に閣議決定する方針だ。大綱は04年に策定され、見直しは2度目。

 原案では「少子化への対応は遅くなればなるほど、将来への影響がより大きくなる。直ちに集中して取り組めばトレンドを変えることができる」として、15年度から5年間を「集中取り組み期間」と位置づけた。

 妻が出産する際の男性の休暇取得の実態は分かっておらず、調査する方針を盛り込んだ。このほか、男性の育児休業(育休)取得率について、2%(13年度)から20年に13%まで引き上げる目標を掲げた。企業には、子育てを目的とした独自の休暇の創設を求めたほか、男性の育休取得を妨げる「パタニティー(父性)ハラスメント」を防ぐため、指導を強化する。

※引用終わり。

この記事を読んで実感するのは、最近政府の少子化対策が多くなってきたと思われます。この記事のように、女性労働者が働きやすくする為の出産に関する体制整備などです。育児休暇等の法的整備はもちろん、外国人技能実習生に関する規制緩和も見受けられます。

しかし中小企業の受け入れ体制が不十分だと、いくら法改正をしても意味がありません。少子化人口減少に伴う労働力不足は、早めに対策が必要だと思います。今後は、少子化対策の法改正に注意しながら、柔軟かつ早めに就業規則の見直し等が必要だと思われます。






写真は今日の夕食で、ミートソーススパゲッティー・ハンバーグステーキ、ピエトロドレッシングでサラダです。ピエトロドレッシングは、日曜日にゆめタウンのイベントで当たりました(^^)。


以上、福岡・久留米のぶっちゃけ社労士(会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと採用・労務管理・労働トラブル対応の町医者 吉野でした。


※お問い合わせや相談したい時は、いつでも下記へ連絡願います。
福岡 久留米
採用と労務管理、労働トラブル対応の町医者 社会保険労務士 吉野正人
移動オフィス 090-2852-9529 (すぐつながります。)
メールアドレス naitya2000@gmail.com


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村


人事・労務 ブログランキングへ


社会保険労務士 ブログランキングへ


福岡県久留米市 ブログランキングへ  

Posted by naitya2000 at 22:52Comments(0)