2015年03月11日

3月11日 採用時の労働条件通知書・労働契約について

福岡・久留米のぶっちゃけ社労士(会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと 採用と労務管理の町医者 吉野正人です。

採用時の労働条件通知書・労働契約について

3月11日火曜日。今日は午前中、西鉄電車で顧問先訪問でした。今日は、4月から入社する新入社員に関する相談でした。労働者は財産です。採用後の教育は、新入社員・中途入社社員とも大切です。

入社時に労働契約で注意すべき点は何でしょうか?労働相談で特に多いのは、求人票の内容と実際の労働条件が違うと言うトラブルです。したがって、入社時に必ず就業規則の内容説明を行い、労働条件通知書と労働契約書を合意の上で署名捺印を行うことをオススメします。

また、労働条件通知書と労働契約書を会社控えの1部しか作成せず、労働者に手渡さない会社があります。会社として証拠を残し、労働者に証拠を残さないのが狙いだと思いますが、今後の採用に悪影響となります。労働条件通知書と労働契約書は、必ずそれぞれ2部作成して、署名捺印をお願いします。そして2部のうち、1部は労働者に手渡し、1部は会社の控えとして保管願います。



写真は今日の夕食で、つくね、ポテトサラダ、炒り豆腐、赤貝の佃煮でした。赤貝の佃煮が美味しかったです(^^)。

以上、福岡・久留米のぶっちゃけ社労士(会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと採用・労務管理・労働トラブル対応の町医者 吉野でした。


※お問い合わせや相談したい時は、いつでも下記へ連絡願います。
福岡 久留米
採用と労務管理、労働トラブル対応の町医者 社会保険労務士 吉野正人
移動オフィス 090-2852-9529 (すぐつながります。)
メールアドレス naitya2000@gmail.com


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村


人事・労務 ブログランキングへ


社会保険労務士 ブログランキングへ


福岡県久留米市 ブログランキングへ  

Posted by naitya2000 at 22:31Comments(0)