2014年08月21日

8月21日 ハローワーク 顧問先訪問  地方企業の人材獲得支援、総務省がサイト新設について

福岡・久留米のぶっちゃけ社労士(会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと 採用と労務管理、労働トラブル対応の町医者 吉野正人です。

8月21日木曜日。今日は午後から外回りでした。まずは西鉄電車で移動し、ハローワークにて離職票関係手続きでした。電子申請が浸透したためでしょうか?訪問しても待ちがなくスムーズだったりします。

その後、顧問先を訪問し、手続き関係と相談対応でした。今回は採用に関する相談で、ガチンコで対応致しました。最近は、採用に関する相談が多く、面接官としての面接立会も増えつつあります。

採用に関しては、会社のホームページが特に重要です。実際に求職者が「どんな会社か?」と調べる時には、必ずネットで検索しているのが、当たり前になりつつあります。特に中小企業の場合は、自社のホームページが、貴重な情報源となると思います。今後、自社のホームページにリクルートページ(求人・採用ページ)も新設することをお勧めします。


今日は気になる地方における記事がありました。

※読売新聞より引用

地方企業の人材獲得支援、総務省がサイト新設へ
読売新聞2014年08月19日 07時30分

 地方企業の人材獲得を支援するインターネット上の求人サイトを、総務省は今秋にも新設する。

 新規事業を開拓したい地方企業500~1000社程度が初年度に登録し、主に都市部の大企業で働く人に向けて求人情報を発信する。安倍首相の掲げる「地方創生」の一環で、都市部と地方をつなぐ日本有数の求人サイトに育てる方針だ。

 総務省は都道府県や地元の商工会議所などを通じて、海外進出や異業種展開など、新規事業のノウハウを持つ人材を確保したい地方企業を集める。企業は求人サイトに、新規事業の内容や地域への波及効果などを紹介し、働きがいがあることを訴える。

 新たな職場を探す人に対しては、これまでに携わった事業分野や技能、海外での勤務経験などを登録してもらう。求人企業と求職者の双方がサイトを閲覧した上で、個別に採用に向けて交渉することになる。総務省は初年度の求職者の利用を1000人程度と想定している。

※引用終わり。

国がハローワーク以外の求人サイトを作るのは、初めてだと思います。地域活性化、中小企業活性化のきっかけになれば幸いです。

正直、ハローワークの求人は「失業者」が主で、「在職中の転職希望者」など求職者の対応範囲が広がれば幸いです。また、「違う角度」で労使共々納得した採用が出来ればいいと思います。また、地方が活性化しないと、日本は元気にならないと思うこの頃です。



写真は今日の夕食で、冷やし中華、マカロニサラダ、じゃがバターです。やっぱり夏は冷やし中華ですね(^^)。

以上、福岡・久留米のぶっちゃけ社労士(会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと採用と労務管理、労働トラブル対応の町医者 吉野でした。

※お問い合わせや相談したい時は、いつでも下記へ連絡願います。
福岡 久留米
採用と労務管理、労働トラブル対応の町医者 社会保険労務士 吉野正人
移動オフィス 090-2852-9529 (すぐつながります。)
メールアドレス naitya2000@gmail.com


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村


人事・労務 ブログランキングへ


社会保険労務士 ブログランキングへ


福岡県久留米市 ブログランキングへ  

Posted by naitya2000 at 21:58Comments(0)