Posted by at

2013年05月21日

5月21日 顧問先労働契約書署名捺印立会 中国離れと国内回帰

福岡・久留米ぶっちゃけ社労士会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと採用と労務管理の町医者 吉野正人です。

5月21日火曜日。今日は、午前中は西鉄電車で顧問先に訪問し、就業規則変更の打ち合わせでした。最近は、顧問先の就業規則のメンテナンス業務が増えています。やはり、就業規則は作成してオシマイではなく、実際に運用してみて、そのつど見直すべきだと思います。



午後からは顧問先の社長さんと従業員が当事務所に来られ、労働契約書の更新に関する署名捺印立会を行いました。労使間の円満な関係構築のお手伝いが、今後も立会によって出来ればい幸いです。

夕方、昨日行政書士の先生からの紹介で労働相談を受けた会社より、顧問契約のお電話を頂きました。今後、信頼関係を構築し、採用と労務管理の面から事業の継続・発展のお手伝いが出来れば幸いです。

なお、今日は気になる新聞記事がありました。

※読売新聞より引用

米製造業が「中国離れ」…低品質で賃金も高騰
(2013年5月21日10時04分 読売新聞)
米ミネアポリス郊外に再開したウール製品工場で、再雇用した従業員と製品をチェックするポール・ムーティー社長(右)=吉形祐司撮影

 2008年の米金融危機以降、不況と高い失業率にあえいでいた米製造業が、復活の兆しを見せている。

 オバマ政権の支援策など複合的な要因が背景にあるが、注目されるのは「中国離れ」だ。安い労賃にひかれ、中国に流出した産業が国内に回帰しており、「メード・イン・アメリカ(米国製)」を目指す潮流が生まれている。

 「微妙なサイズが合わないなど品質に問題があり、多くの顧客を失った」。ミネアポリスのゴム製部品工場「ハイアワサ・ラバー」のハワード・ハウザー副社長(62)は、中国企業に生産委託をしていた頃を振り返る。

 同社が自社製品生産を江蘇省蘇州市の中国企業に委託したのは8年前。しかし、貧弱な品質管理に加え、高騰する中国の賃金や輸送費が重荷となった。結局、「米国内で製造してもコストに大差はない」状態にまでなり、4年前に外注解消を決断した。

 米国で生産を再開した後も、雇用を守るため稼働日を週3日にするなど苦労を重ねたが、「品質を取り戻すと、失った顧客も戻ってきた」。昨年、08年のリーマン・ショック以前の生産水準まで戻した。

 フードプロセッサーの部品の生産を中国に外注していた「パーマック社」も、「指定した原材料が使われていなかった。二度と中国に発注しない」(ダーリーン・ミラー社長)と、発注先を国内に切り替えた。

※引用終わり。

この記事を読むと、安かろう悪かろうではリピーターが出来ないと実感します。特に、中国の品質の悪さは自業自得かつ自滅行為です。今後、我が国も中国への外注を見直し、既に行っている会社も多いですが、国産回帰又はインド・東南アジアなど親日国へシフトすべきだと思います。


写真は今日夕食で、練り梅ささみのフライ、じゃがいものオムレツです。ささみフライがバリ旨でした(^^)。

以上、福岡・久留米の問題社員対応専門・ぶっちゃけ社労士(会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと 採用と労務管理の町医者 吉野でした。
  

Posted by naitya2000 at 21:25Comments(0)