Posted by at

2013年01月22日

1月22日 社労士として苦渋の決断 顧問先 労使話合い立会

福岡・久留米ぶっちゃけ社労士会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと 採用と労務管理の町医者 吉野正人です。

昨日は社労士として苦渋の決断をしました。いくら、会社側の立場事業主の為に助ける仕事をしていても、社労士としての「責務」はあります。。。社労士法第1条の「労働及び社会保険に関する法令の円滑な実施に寄与するとともに、事業の健全な発達労働者等の福祉の向上に資する」を、改めて痛感しました。今回、痛みを伴いますが、今後お互いのプラスになれば幸いです。

今日は夕方まで自宅にて事務処理を行い、夜から顧問先にて打ち合わせと労使話合い立会いでした。労使話合いは無事円満に終了し、事業主との打ち合わせは長時間になったものの、実りある内容でした。やはり、「現場主義」の私としては、「実際に顔を合わせて話をしないとダメだ。」と実感しました。



写真は今日の夕食で、マグロステーキ・トマト卵とじ・高野豆腐です。とくにマグロステーキが、ミディアムでバリ旨でした(^^)v。

以上、福岡・久留米ぶっちゃけ社労士会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと 採用と労務管理の町医者 吉野でした。



人事・労務 ブログランキングへ


社会保険労務士 ブログランキングへ


人気ブログランキングへ  

Posted by naitya2000 at 23:58Comments(0)