2013年01月05日

新聞記事「助成金不正受給100億円超出勤簿改ざん」を読んで 

福岡・久留米ぶっちゃけ社労士(会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと 採用と労務管理の町医者 吉野正人です。

今日は、今朝の新聞より助成金に関する気になる記事がありましたので、意見を書きたいと思います。


※読売新聞より引用。

助成金不正受給100億円超…出勤簿改ざんなど
(2013年1月5日10時01分 読売新聞)

厚生労働省が雇用安定のため企業に支給する助成金制度で、今年度までに総額100億円を超す不正受給があることが同省の調べで分かった。

 従業員の出勤簿を改ざんするなどの手口で審査をすり抜けており、同省は返還を求めるとともに対策を強化している。

 不正受給の大部分は「中小企業緊急雇用安定助成金」で、この助成金は2008年秋のリーマン・ショック後、中小企業による大量解雇を防ぐため創設された。従業員を解雇せず一時休業させたり教育訓練を受けさせたりした場合が対象だ。厚労省によると、大企業向けを対象とする雇用調整助成金と合わせ、09年度は約79万件の申請があり、約6535億円を助成。10年度は約76万件、11年度は約52万件だった。

 一方、不正受給は09年度は約7億7000万円(91件)、10年度は約37億1000万円(355件)、11年度は約51億7000万円(295件)で、11年度までの総額は約96億5000万円。12年度分は未集計だが、「前年度並みの件数」だという。

 厚労省雇用開発課は「当初は膨大な申請の処理で手いっぱいだった。担当職員を増やし、立ち入り調査などを強化した結果、不正受給が次々に明らかになった」と説明している。

※引用終わり。


予想通りの展開です。助成金は、最初要件を緩めすぎた挙句、いわゆる助成金「常連」企業が申請しまくり、不正が発覚→要件を厳しくするの繰り返しです。。。

職員も、非常勤職員を採用して柔軟に対応しているものの、調査まで手が回らず後手に回らない状態だったりします。その後、調査する体制ができ、調査をすると不正が続々発覚。。。しかも、我々社労士が絡んでいる企業まで不正受給しているケースもあります。

言える事は、助成金申請する時は、「助成金受給後の調査の事まで考えて支給申請する事」です。

なお、当事務所において、「失敗しない助成金申請の仕方知らないですまない4つのポイント」という小冊子を作成していますので、ご興味のある方は、下記リンクよりお申込み頂ければ幸いです。

※吉野労務管理事務所お問い合わせ

以上、福岡・久留米ぶっちゃけ社労士(会社側の立場でぶっちゃけた相談ができる社労士)こと 採用と労務管理の町医者 吉野でした。



人事・労務 ブログランキングへ


社会保険労務士 ブログランキングへ


人気ブログランキングへ  

Posted by naitya2000 at 11:13Comments(0)