2012年11月28日

11月28日 セミナー準備 ミスドで勉強 娘の勉強

採用と労務管理の町医者こと社労士の吉野正人です。

今日は寒い1日でしたが、夕方まで事務所に籠もっていました。。。主にセミナー準備とホームページ改訂等で終わってしまいました。夕方からはリフレッシュに、駅構内のミスドで労働法の本とビジネス書で1時間半程勉強してました。事務所で勉強するより、ミスドや電車の中などの方が、勉強に集中できて正直はかどります。

帰宅後は、娘(小6)の勉強を見てました。何べん教えても同じ間違いを繰り返すのに悩みつつ、教え方の勉強になったりします。。。



写真は今日の夕食で、麻婆豆腐、アジの塩焼き、鶏じゃが、ニラ玉です。麻婆豆腐が美味かったです(^^)。

以上、採用と労務管理の町医者こと社労士・吉野でした。
  

Posted by naitya2000 at 23:17Comments(0)

2012年11月28日

お客様の声 その1 株式会社 筑水管材 卸売業

 株式会社 筑水管材さんとの出会いは、私自身がライフワークとして行っている自主開催の労務管理セミナーでした。労務管理セミナーに参加して頂き、数ヵ月後に労働相談の電話をいただいたのが始まりでした。
 
 実際、労働相談を受け、顧問契約後にアドバイスと共に一緒に解決すべく行動し、無事解決することが出来ました。しかし、労働トラブル等問題は、解決したらオシマイではなく、そこからが始まりです。

 今後、事業継続し、利益を上げ続け、より良い会社を築く為に、就業規則の全面見直しを一緒に行い、従業員皆様との労働契約の署名捺印立会い、採用のお手伝い、面接立会いと現在一つづつ一緒に行っています。

 そんな経緯で、なぜ当事務所を選び、顧問契約し続けている「決め手」を伺いました。

 箇条書きですが、下記のような「決め手」についてご返答頂きました。ありがとうございます。

・セミナーに行って、労働トラブルの問題について、半世紀前の頭だった。セミナーの内容の全てが、ウチの無いものだった。自分の考えが旧態依然の考えだと痛感した。

・まず無知だった。アドバイスしてもらわなければならないと言うのが先決だった。

・社労士というのが、何をするのか?手続きだけかと思った。

・ウチの経理が手続全部できるので不要だと思った。

・労使関係の問題がこれだけあるとは思わなかった。

・労使の問題があまりにも難しいというのを想像つかなかった。

・雇用の問題を一番頼りにしたい。今まで雇用を選ぶ目がなかった。


 なお、株式会社 筑水管材は、建設資材(管工事材料)卸売の会社です。地元久留米にて長い歴史があり、地元に親しまれ、地元の工事会社等お客様に愛されている会社だと訪問するたびに実感します。

※株式会社 筑水管材を紹介しているホームページ

今後も、採用と労務管理の面からお手伝いを続けていきたいと思います。
  

Posted by naitya2000 at 15:20Comments(0)お客様の声