スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

2010年05月03日

私が最近読んだ本

 こんにちはnaitya2000こと労務管理の町医者・社労士の吉野正人です。去年12月に以来、社労士関係の専門書以外にビジネス書、ノウハウ本関係もよく読むようになりました。やはり、個人事業主になると経営学マーケティング等専門分野以外の本も最近読みまくっています・・・。

 最近、いわゆる社労士開業関係の本ですが、twitterでフォロワーになっていただいている長沢有紀先生の最新刊を購入し読んでみました。「社労士で稼ぎたいなら顧客のこころをつかみなさい(同文館出版)」です。

http://www.roumushi.jp/book2010.html



 長沢先生は年齢は私とほぼ変わりませんが、社労士開業17年目のベテラン先生です。今回、3回読み直したんですが、勤務社労士として顧問先に接してきた5年間と現在開業してからの顧問先への対応の仕方は、間違ってないと実感しました。

 やはり、顧問先への「もてなし」「サービス」を大切にしなければならないと改めて実感しました。本では、長沢先生の失敗談を交えて顧問先への接し方・対応の仕方ををわかりやすく事細かに書かれています。

 今回この本を読んで実行しようと思ったことは、「プラスアルファのサービスを心がける。」「お客様の想定以上のことをする。」「まずは1.1倍のプラスアルファでいい」の3つです。あと、「社労士にとっては1/10であっても、相手にとっては1/1」と言う言葉は、私自身顧問先に対して肝に銘じたいと思います。

 今回、この本を読んで社労士としての心構えを改めて考えさせられ、顧問先を大切にしなければ!と実感した1冊でした。ある意味、社労士の「基本」となる1冊だと思いました。私もこの本をもとに頑張りたいと思います。

以上、naitya2000でした。
  

Posted by naitya2000 at 12:05Comments(0)