Posted by at

2010年02月18日

異業種交流会参加

こんにちはnaitya2000こと社会保険労務士の吉野正人です。先日福岡で、「異業種交流会」に参加してみました。

 私自身、開業してから3ヶ月目となり、セミナー開催・商工会議所、商工会に加入などして来ましたが、これだけでは不十分!と痛感していました。

 ネット関係では、mixi・twitter・ブログ・メールマガジンを試行錯誤しながらしています。しかし、それだけでは「片手落ち」のような気がしていました・・・。あと、「中小企業同友会」等の経営者組織も考えましたが、費用と現在の自分自身の状況を考えた末「保留」しています。。。

 そのような状況で、「異業種交流会」と言うものがあるのを知り、今回は「Best Membe交流会」と言う異業種交流会に参加しました。異業種交流会と言うと、いわゆる「飲み会」と言うパターンが多いのでは?と思ったんですが、この交流会は違いました。

※Best Member事務局ホームページ
http://www.worldflap.sg/kouryuu.html


※関西汽船 さんふらわあにしき
http://www.kanki.co.jp/

 交流会は約20人ほど参加しており、全員自己紹介を行い、その後参加者のうち希望者2人がプレゼンテーションを行いました。一人は「保険屋さん」の方が「ライフプランニングのすすめ」をもう一人は交流会主催者の方が「外国投資」についてプレゼンしました。お二人とも非常に上手なプレゼンで、私自身のセミナー講師の参考になりました。

 交流会のメインは「名刺交換」で、全員と名刺交換を行い出来る限りお話しました。参加者は保険会社の方・中小事業主・IT関係の営業等でしたが、大学生がいたのにはびっくりしました。自己アピールを社会人になる前から考えている大学生がいることには、ただただ脱帽です・・・。

 異業種交流会に参加して思ったのは、会ってすぐ顧問契約と言う事はあり得ませんが、人と会うことによって「考え方」の幅が広がり、しかも人脈も作れ、長い目で見れば自分自身の顧客開拓につながると実感しました。

 今回、お会いした方には私の事務所の事務所便りを送る旨伝え、了解を頂いたのは私にとって収穫でした。今後も、異業種交流会には積極的に参加したいと思います。

 やはりデジタル(ネットの世界)も必要ですが、アナログ(人との出会い)も必要だと実感しました。以上、naitya2000でした。

  

Posted by naitya2000 at 17:35Comments(0)