Posted by at

2010年01月01日

あけましておめでとうございます。

 あけましておめでとうございます。naitya2000こと労務管理の「町医者」社会保険労務士の吉野正人です。今年も宜しくお願いします。実は新年から早々、新聞記事に気になる内容がありました。

※西日本新聞より引用

トヨタ九州 非正規を社員登用 熟練工育成 全部署で8割に

2010年1月1日 06:01 カテゴリー:経済 九州 > 福岡
 トヨタ自動車九州(福岡県宮若市)は2010年から、非正規雇用者約900人を段階的に社員へ登用する。08年の景気の後退時に非正規雇用者の契約を更新しなかったことが「派遣切り」として厳しい批判を浴びたが、各部署の正社員の比率を最低でも8割程度に高め、長期的視野に立って熟練工として養成していく。インドや中国など新興国のメーカーの台頭で価格競争が激化する中、あえて技術力に裏打ちされた高付加価値車づくりへかじを切ることで国内生産拠点としての存在意義を高める。

 同社幹部によると、社員登用の対象は全従業員約7600人(09年12月末)のうち、契約に期限のある期間従業員約900人。09年末に数十人を対象に選考試験を実施し、今後も数カ月おきに登用していくという。

 同社は08年、世界的不況のあおりで大幅に減産。約800人の派遣社員の契約更新を見送った。批判を浴びたこともあり、在庫調整が一段落した09年には、直接雇用の期間従業員として約900人を採用した。

 今回、正社員化を進めることで、再び減産を強いられたときに柔軟な対応が取りづらくなるが、待遇の改善が労働意欲や帰属意識を高め、熟練が必要な新型車の生産立ち上げがスムーズになるといった利点が見込まれる。さらに、自動車生産では、キズの有無を手で確かめたり、ドアの締まり具合を聞き分けるなど、人の五感に頼らざるを得ない工程も多く、こうした技術の伝承がしやすくなるとしている。

 高級ブランド「レクサス」を生産するトヨタ九州は09年、最新型ハイブリッド車(HV)の「レクサスHS」と「SAI(サイ)」を投入。ともに発売から1カ月で目標を上回る1万台超を受注し、10年後半にはHVの比率が50%を超える見通し。同年には車両開発拠点を開設し、開発から製造まで一貫して担う体制づくりも目指すことから、トヨタ自動車幹部は、国際競争力の強化に向け「高性能車で需要を掘り起こす体制を整えたい」としている。

2010/01/01付 西日本新聞朝刊

※以上、西日本新聞でした。


※瀬戸内海汽船・フェリー「石手川」
http://www.setonaikaikisen.co.jp/

 去年派遣切りが世間で問題になり、企業サイドはいわゆる「2009年問題(製造業(派遣先)において、同一部署で連続3年以上派遣契約を結べなくなる問題である。派遣労働者を企業が直接採用するか、請負に切り替えなければならない。」で、どのように対応すべきか苦しんだ年でもありました・・・・。

 年明けてこの新聞記事は2009年問題で直接雇用した「契約社員」を「正社員」として雇用するという話のようです。大手企業の場合は許容出来る範囲が広いから今回のような対応が出来るように思えます・・・。ただ、「契約社員」の中から「選別」して「正社員」として採用するようなので、ある意味「労働者」から見れば厳しい事には変わりありません・・・。

 ただ、コストダウンの為、人材を育てるのをなおざりにしてしまったツケが、特に熟練工が必要な「製造業」では問題になっているような気がします・・・。

 以前、勤務社労士時代に当時の顧問先A社の社長さんが、「派遣社員だった男性を中途採用で雇ったが、使い物にならない」と嘆いていました・・・。理由を聞いてみると、「片付けなど単純作業はちゃんと出来るが、自分の頭で考えてする仕事が全く出来ない。」との事・・・。この時、ある意味「規制緩和」という政策・法改正で生まれた「単純作業」しか知らない労働者と「即戦力」を求める事業主のギャップによる悲劇を垣間見ました・・・。

 やはり、企業は人を育てて労働者を活用しなければなりません。労働者を外注ばかりしては、会社自体の実力がダウンしてしまい、肝心な時に耐久力が無く対応できなくなってしまいます・・・。

 労働者を雇い、戦力にすべく育てていくのに、「試行雇用奨励金」「若年者等世紀雇用化特別奨励金」「派遣労働者雇用安定化特別奨励金」等活用できる助成金(国から要件を満たせば返金不能で貰える補助金)があります。

 税金や社会保険料は、知らなくても国から強制徴収されますが、助成金は知らなければ請求も出来ず貰えません・・・。是非。助成金を知っていただき、活用して頂ければ幸いですm(__)m。

以上、naitya2000でした。
  

Posted by naitya2000 at 23:00Comments(2)